NPO法人 秋田たすけあいネット あゆむ

フードバンク活動による食糧支援・制服リユース・無償の学習室・家族代行支援事業を通して共にあゆむ活動をして参ります

子供の貧困

2017-02-12 11:05:11 | 活動報告
内閣府が取組む「子供の貧困対策」
貧困の状況にある子供を支援する「子どもの貧困対策の推進に関する法律」及び様々な「子供の貧困対策」は、今だけを見つめるものであってはなりません。
貧困の状況下で育った子供が大人になっても貧困の状況から抜け出せないほど、いわゆる貧困の連鎖によって子供たちの将来が閉ざされることは決してあってはなりません。
「今」だけではなく、「未来」までみつめた官公民連携によるプロジェクト、それが子供の未来応援プロジェクトです。
貧困の状況下にある子供に必要な支援が届くことを目指します。
そして、新たに基金を設置し、草の根で活動するNPO等を積極的に支援するほか、子供たちの「生きる力」を育むための拠点を整備します。




昨年内閣府が子供の貧困対策への助成も開始。
全国から応募数585団体、18億円の申請がありました。
申請しましたが、思いは届きませんでした。
北海道はフリースクールや子供の居場所作り、困窮世帯の学習支援をおこなっている団体が多くあります。
残念ながら、東北はまだまだ立ち遅れています。特に秋田県は小さな団体がそれぞれ活動しているような状態です。
近年「子供の貧困問題」が多く報道されています。
秋田たすけあいネットでは、隠れている子供たち、一人親と「つながる」ために<無償の学習室><制服リユース>事業を昨年から実施しています。
この事業から「食糧支援」につながっています。
少しづつですが、確実につながる事ができています。
今後は年代の垣根を越えた「居場所づくり」の実現に向けて懸命に模索中です。
宿題が出来て、相談も出来て、交流が出来て、ご飯も食べれて、安心できる場・・・
様々な方のご協力を得ながら、知恵を出し合い形に出来ればと思います。
               

     秋田たすけあいネットにお知恵とお力をお貸しください
               
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つながる支援     ~食... | トップ | フードバンク活動報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL