.

.

仙境異聞~勝五郎再生記まとめ 輪廻転生とは・・・・

2017年03月20日 | 不思議
勝五郎再生の話を、どう受け止められておられましょうか。
前世を記憶していたという話は世界中にあるようだ。ネットでも色々な事例にヒットする。
しかし、勝五郎のケースは発生年度、所在地、周囲の人物、経緯等々が明確で、しかも当時に色々な人が書物にまとめている、という意味で極めて真実性の高いケースと言えるのではないだろうか。

天理教の教祖・中山みきもまた、人間の命は1回切りではなく、何回も出直すものであると述べている。みきによれば、人間は死ぬと神の懐に抱かれ、その後出直してくる訳だから、いたずらに死を恐れる必要はないという。
だが、同時に現世で神の意に沿わない行いをすると、その結果として来世においては牛や馬、さらに鼠などの動物に生まれ変わることもあると言っている。みきはある時、知人が馬に生まれ変わっていることを見抜いて声を掛けたところ、その馬が涙を流したという話も伝わっている。また、動物でも人間を見て羨ましく思うものは、来世には人間になって生まれてくる可能性が高いということも述べている。

人間は死後どこにいくのだろうか?永遠の課題ですね・・・・・

なお、勝五郎を導いた”白いひげに黒い着物を着たおじいさん”であるが「産土(うぶすな)の神様」ではなかったかと言われている。
永く引用をさせていただいた日野市歴史資料館に御礼を申し上げると共に、出版本では幸福の科学出版(株)の「江戸の霊界探訪録」をお薦めします。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 仙境異聞~勝五郎再生記5 | トップ | 春の例会は三内丸山遺跡 お... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿