歯科技工管理学研究

歯科技工管理学研究ブログ
歯科技工士・岩澤 毅

直塚正昭 書評 診療室・病院・訪問・介護の現場すべてに対応 絶対知りたい義歯のこと

2017年01月30日 | 基本・参考


日本歯科技工士会 広報誌 『日本歯技』



書評

評者 日本歯科技工士会副会長 直塚正昭


診療室・病院・訪問・介護の現場すべてに対応 絶対知りたい義歯のこと

藤本篤士・糸田昌隆・松尾浩一郎・武井典子 編著


定価 4,320円(本体 4,000円+税8%)
総頁数:160頁 / カラー
判型:B5判
発行年月:2016年10月
ISBN978-4-263-46315-4
注文コード:463150


義歯を使用されている患者さんにかかわりをもつすべての職種の方へ

内容紹介


■本書一冊で“義歯への対応”に自信がもてます! 
増刷を重ねたデンタルハイジーン別冊『もっと知りたい義歯のこと』をベースに最新の知見を取り入れ,全面的に書き下ろした義歯のバイブル!

■義歯の全体像を学ぶことができる本!
最低限知っておきたい義歯の基本,メインテナンスの実際,困りごとへの対応についてなど,カラー写真を提示しながらビジュアルに解説.

■義歯に対する質問に自信をもって答えられます!
義歯についてのよくある17の疑問をとりあげ,的確に対処できるよう,わかりやすく解説.

***本書の特徴***
・巻頭の多職種の座談会では,“現場”での義歯のリアルがわかります!
・義歯について総覧でき,必要情報がすぐ確認できます!
・理解を深めてほしい項目はコラムでていねいに補足.

 はじめに
座談会 多職種協働でささえたい 生活のなかの義歯
Chapter 1 義歯の基本を知ろう
 1 義歯の概論――基本的な製作過程と構造
 2 言葉の障害や嚥下障害患者の口腔装置としての義歯
  コラム1 社会参加を支援できる口腔装置の利用を保険制度が妨害する?
 3 さまざまな義歯
 4 義歯のトラブルと修理
  実践コラム 不適合上顎義歯の調整方法例
Chapter 2 メインテナンスの実際
 1 義歯の効果的な清掃方法
 2 義歯のメインテナンス物品
 3 診療室での義歯のケア――介護を見据えて診療室からケアを習慣づける
  コラム2 災害と義歯
Chapter 3 病院や施設での義歯への対応
 1 病院や施設での口腔ケア
 2 病院や施設でのメインテナンスの実際,注意点
 3 歯科衛生士が看護師,リハビリテーション職,介護者へ指導する際のポイント
  コラム3 認知症と義歯 その1
  コラム4 認知症と義歯 その2
  コラム5 認知症と義歯 その3
Chapter 4 義歯に関するQ&A
 Q1 義歯の取りはずしはどうしたらいいですか?
 Q2 義歯洗浄剤はどのくらいの頻度で使いますか?
  コラム6 義歯を中性洗剤で清掃していいの?
 Q3 義歯安定剤は使用してもいいですか?
 Q4 義歯を入れたままにしてはダメですか?
 Q5 義歯にカビのような黒いものが付着しています.どうしたらいいですか?
 Q6 口腔が乾燥して義歯を入れると痛がります.どうしたらいいですか?
 Q7 義歯と自分の歯では味覚や咀嚼機能にどのくらい違いがありますか?
 Q8 義歯を装着しないことで口腔内にどのような変化がありますか?
 Q9 義歯の装着を嫌がる認知症の患者さんにどう対応したらいいですか?
 Q10 認知症の患者さんに義歯の洗浄方法を教えてもやってくれません.どうしたらいいですか?
 Q11 絶食の患者さんや,ペースト食やミキサー食を食べている患者さんに義歯は必要ですか?
 Q12 義歯は何年ぐらい使えますか?長く使うためには,どうしたらいいですか?
 Q13 がんの治療中の患者さんに義歯を装着してもいいですか?
 Q14 急性期の病院では義歯をはずしていることが多いと聞きますがどうしてですか?
 Q15 認知症の患者さんが義歯洗浄剤の水を飲んでしまいました.大丈夫ですか?
 Q16 義歯やその他補綴物の誤飲・誤嚥の予防法はありますか?また,誤飲・誤嚥した際の対処法は?
 Q17 義歯に名前を入れてもらいたいのですが,どうしたらいいですか?
  コラム7 保険適用と自費診療の違い

 巻末付録(1) ホームケア用義歯洗浄剤
 巻末付録(2) プロフェッショナルケア用義歯洗浄剤
 巻末付録(3) 義歯安定剤(義歯粘着剤)

 索引

https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=463150
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本歯技』2017年2月号巻頭... | トップ | 金子久章 明日へのカルテ ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む