歯科技工管理学研究

歯科技工管理学研究ブログ
歯科技工士・岩澤 毅

岩澤毅 質問10宮永代議員への答弁

2017年06月18日 | 日本歯技


2017年6月17日 第6回社員総会


【宮崎:宮永代議員】
質問10.
医療法の中に「歯科技工の業務委託」を追加することはできないでしょうか。
杉岡会長は2017年度第1回日技連盟評議員会での質問に「委託・受託の関係についての関係法令を含め基礎的研究を行っている。歯科技工士法第18条第1項に指示書についての規定があるが、歯科医師法の中にはないということで、歯科医師の法律に関わることなので慎重に対応してく必要がある」と答弁されました。そうであるならば、医療法第十五条の二の規定に「業務の委託」に関する項目の中に「歯科技工の業務委託」を入れてもらった方が、歯科医師法を改正するよりも早期に実現するのではないでしょうか。ご検討をお願いします。

答弁
医療法の中に「歯科技工の業務委託」を追加とのご質問ですが、医療法の業務委託の考え方が、言わば装置産業と申しましょうか、資格を有する管理者がいて、設備が整っている、管理体制が整っていると一般の社員の方、我々の世界で言うと「無資格者」の方にも業務を行わせることが出来るという世界です。歯科技工士法とは、だいぶ開きのあるものです。
多分、この世界は、宮永さんがあまり好まれない、宮永さんだけでなく多くの会員さんも好まれない、大規模な企業による正に産業として業務を行うことに向いた世界・適合的な世界ですので、歯科技工がこの「医療法の業務委託」に直接入っていくのは、避けるべきかと思います。
勿論、今後も医療法の動向を含め研究してまいります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩澤毅 第 4 号議案 財産管... | トップ | 岩澤毅 質問13三城代議員へ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む