切手収集、果てしなき旅そしてロマンを求めて...

小学校2年生の国語の教科書で挿絵に日本の記念特殊切手が紹介されていました。その魅力に取り付かれて早40年近く...。

趣味誌『あきしの』編集進捗報告 -1-

2012年04月28日 | 趣味誌(ミニコミ誌)
 ゴールデンウィーク突入となりました。先週より『あきしの』34号の編集を再開し始めました!試行錯誤の結果、WORDで作成したB5版の原稿をpdfに変換後、“見開き”のB4版にする事が出来ました。右に奇数、左に偶数ページが来る様に…。WORDで編集すると、若いページから順に編集する場合、“袋閉じ”は良いのですが、“見開き”は右ページから編集するので、左が若いページで先に作成したら、その左ページに貼り付けた画像や入力した文章がずれるんです。今迄は、豪華印刷を引き受けて下さってた宅見さんがB5版原稿を“見開き”B4版に編集して下さってたので、何の苦労もせず編集出来たんです…。

 B5版で、1ページづつ編集出来るので、一気に“雲の上の仙人”氏の原稿を作成。仙人氏に校正と要望を書いた手紙を今日郵送します。 
 この切手等を取り上げて下さいます。

 私の仕事は今日から9連休。5月1日、2日と下呂温泉へ出掛けます。後は競馬場へ行くかもしれません。『あきしの』誌の編集に傾注し、28頁建てを予定しています。5月下旬発行を目指します。もうしばらくお待ち下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012年大阪造幣局桜の通り抜け | トップ | 14円姫路城、波消し田型 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。