切手収集、果てしなき旅そしてロマンを求めて...

小学校2年生の国語の教科書で挿絵に日本の記念特殊切手が紹介されていました。その魅力に取り付かれて早40年近く...。

今は無い大阪関電ビル内郵便局

2017年06月20日 | 消印

 労働委員会制度50周年の記念切手の発行初日満月消しです。以前勤めていた事務所が中之島界隈でしたので、社用便を差し出すのにワザと立ち寄った記憶があります。当時あの界隈は中之島郵便局を始めとして、3、4局の特定郵便局がビル内にありました。

 関電ビルは現在は新しいビルに改築され、暫くは郵便局も入っていましたが、現在は存在しません。この初日押印の頃は、旧・関電ビルの玄関には警備員が2人立っていて、ビルに入る用件と会社名や名前を記入する帳簿が置いてありました。郵便局は地下1階にあって、非常に狭い局舎であった事を思い出します。

 切手の耳紙に発行日が印字してある位置なので、切手発行初日印と分かりますが、これが無いと初日印消しと判断するのが難しいですよね。

 blogの私のメインパソコンでの表示、まともになりました。良かったです!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪市内は外人で一杯... | トップ | あきしの38号が完成しまし... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。