明日は明日の風が吹く

日本の山奥からアメリカの西海岸へ

アメリカ移民ビザ(配偶者ビザ)

2016-10-18 15:58:07 | 手続きのこと
前半はアメリカの旦那がやっていたので曖昧な部分が多く時系列が不明ですが…

I-130をアメリカ国内で申請。
DS-261を完了(エージェント登録?)
I-864扶養宣誓供述書を提出
NVC(National Visa Center)に支払い

・DS-260を完了
オンライン上で結構な量のフォームに入力、登録するのですが当然英語ばかりな上に5分悩むと強制終了くらうのでストレスが半端なかったです。

・犯罪経歴証明書の取得
警察署で出来るかと思っていたら妹の助言により県の警察本部に行く必要があると判明。持つべきものは元警察関係者の身内だ…
NVCからのレターとパスポート、住基カード(現住所を確認できるもの)を持参しました。
入り口の受付?で用件を告げ指示された部屋(鑑識課)に行くと指紋採取と持参した書類のコピー。証明書は後日受け取りですが、これは最寄りの警察署を指定できました。
予約せずにいきましたが鑑識課での手続きですし、手数料分の収入証紙が必要な地域もあるので確認も込めて連絡して行った方がいいと思います。(私は後日郵送させてもらいました。)
受け取りは鑑識課から電話を受けて最寄りの警察署へ日時を連絡してから行きました。

・証明写真2枚
5cm四方のもの。背景は白とのことですが写真店でビザ用に頼んだカラー背景でも大丈夫でした。

・健康診断
指定病院で受ける必要があります。
結構な待ち時間と移動でした。母子手帳の確認の結果、追加接種が必要で2本打ってもらって診察料込み6万円ちょっとかかりました。
診断結果は後日個人用封筒と提出用レターパックが来ます。封筒の中身を確認すると、さらに追加接種が必要でこれは1ヶ月あけてから最寄りの病院で接種、英語の証明書を出してもらいました。
面接時にはレターパックの中の封筒だけ持っていきました。

・戸籍謄本と和訳
大使館にHP上のフォーマットを使って記入しました。

・結婚証明書と和訳
婚姻届受理証明書と和訳を用意しましたが戸籍謄本でいいかも。

旦那の希望で健康診断書以外をNVCに送りました。ですが、犯罪経歴証明書は送っちゃいけなかったみたいです。封筒のコピーのみ送付。
健康診断は面接の目処が立つまでしないほうがいいです。診断書の期限が半年で、それまでに出発しないといけないので…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚後の姓について(国際結婚) | トップ | アメリカ移民ビザインタビュー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。