明日は明日の風が吹く

日本の山奥からアメリカの西海岸へ

婚姻届の提出(国際結婚)

2016-10-17 05:33:22 | 手続きのこと
帰国した旦那が来たときに日本国内で婚姻届を提出しました。

必要なもの
・婚姻届
・戸籍謄本
・婚姻要件具備証明書
・婚姻要件具備証明書の和訳
・パスポート


「婚姻届」
本籍地と居住地どちらに出すか決まっていなかったため、結婚情報誌についているものを使用しました。(役所でもらったものは提出先の記載があったため)

「戸籍謄本」
上記の理由から用意しました。本籍地での入籍には不要です。

「婚姻要件具備証明書」
アメリカ人の結婚に問題がないことを証明するもので大使館で発行してもらえます。

「婚姻要件具備証明書の和訳」
大使館にサンプルが用意されているそうです。私はネット上から。

「パスポート」
伴侶となる外国人のパスポートが必要です。

「その他」
うちはごねるので夫の出生証明書(Birth certificate)と和訳も持っていきました。結局、「なければなくていい」と受け取ってもらいました。


提出時に「婚姻届受理証明書」を発行してもらいました。そしてそれを英訳して大使館で公証してもらいました。
そうすることで、アメリカ国内での婚姻証明に使えます。
これは婚姻届を提出したのと同じ役所でしかもらえませんが戸籍謄本でも代用可能です。
安い証明書タイプと高い賞状タイプがあり、賞状タイプは時間がかかります。役所の方いわく賞状タイプが人気。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじめまして | トップ | 結婚後の姓について(国際結婚) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。