あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

春を待つ二本の桜の木

2017年01月17日 | 足摺岬・おおどトンボ公園

足摺岬・大戸にある「おおどトンボ公園」

県道27号線・大浜経由「県道足摺岬公園線」が二車線化となり、ここを通過する車も多くなってきたのでは?

この小さな公園内に珍しい二本の桜の木があるのをご存知でしょうか?

一本はまだ根雪の残る寒い時期に満開となり、春の訪れを知らせる桜

人は親しみを込めて「雪割り桜」と呼ぶ

又の名を「椿寒桜(ツバキカンザクラ)」とも・・

そして、もう一本の桜の木は、萌黄色の桜、花の終わる頃には赤く紅を注す

「御衣黄桜(ギョイコウザクラ)」という桜の木

この二本の珍しい桜の木が芽吹き始めました

今日の「雪割り桜」の蕾

そして、「御衣黄桜」の蕾

去年は2月23日には満開となった「雪割り桜」、4月4日には「御衣黄桜」が満開に

まだまだ寒い日が続いていますが、木々達は少しずつ春を感じはじめています

周辺では「雪割り桜」⇒「山桜」⇒「御衣黄桜」「月光桜」⇒「ウコン桜」と季節をバトンタッチしていきます

寒い朝でも、陽射しがあれば暖かな昼間

木々達の囁きを聞きに出かけてみませんか?

 撮影:2017/01/17(TUE) 足摺岬・「おおどトンボ公園」の桜

<追伸>咲いたらこんな感じです

「雪割り桜」

「御衣黄桜」(TV番組「これ見ていちばん」で放送された時のもの)

「御衣黄桜」紅注して

『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休日は寒い一日だった | トップ | 「叶崎~黒潮展望台」~少し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

足摺岬・おおどトンボ公園」カテゴリの最新記事