あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

空梅雨のようで

2017年06月15日 | まち歩き

梅雨入りしてから何回か雨粒が落ちてきたくらいで

今日も朝から青空が広がり、夏日にはなりそうですが心地よい一日に

宗呂川にある空気堰の「大井出堰」の今日の様子

上流からの雨もあまり集まっていないようで

堰を越えて水が流れる事もなく、藻が水面に漂っている

土手で咲く草花も一雨欲しい感じですね

ちょっと時間があったので、叶崎の「黒潮展望台」まで

少しだけ霞んでいるけれど、「沖の島」も見えて

この海の碧さは地域の宝物のひとつなんだけれど、今一つ生かし切れていないような気もする

休日も半分終わり

いい風が入ってきているので、一寝入りしますかね(笑)

『高知県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節はずれのシャコバサボテン | トップ | 今日は「夏至」だけど・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風情無いですが (yamatonojiji1101)
2017-06-15 13:13:44
空梅雨も良いですが
梅雨の風情が無いですね
雨の無いのは良いですが
無いと又欲しくなるものですなぁー
人間て勝手なものです
yamatonojiji1101さんへ (akishi)
2017-06-15 18:13:05
コメント有難うございます。
20日頃に雨の予報となっていますが・・
梅雨らしくない日々でジメジメもなくいいのですが。
やはり、風情がないのはちょっと寂しいですね。
梅雨末期に大雨とならないことを願っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む