あきしの風~波多之國めぐり

四国西南端に位置する幡多周辺の情報を発信&日記など
都会生活に慣れた人達にはものすご~く退屈な場所です

四万十川学遊館~あきついお

2017年10月04日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市具同にあるトンボ王国 四万十川学遊館・あきついお

今日はクロちゃんを見るのが第一の目的

13:30から始まる雇用保険説明会(ハローワーク四万十)に行く前に寄ってきた

まず、「トンボ自然公園」内を散策

天気が良くて、ちょっと汗ばむくらいの陽気に

綺麗な色の実があり、札を見ると「マユミ」の名が?

果実や紅葉が美しく、ヤマニシキギ(山錦木)と言う別名もあると

戻っていると、イトトンボのような小さなトンボを発見

帰って調べてみると、カワトンボの仲間でハグロトンボのようです

「あきついお」の入口のトンボも新しくなっているような・・

館内に居た係員さんに「クロちゃんは何処にいますか?」と聞くと

「クロちゃん、あ、猫の」と言った後に「入口に居ませんでした?」との事

ちょっと、ムッとしたが「怒るのも年甲斐もないな」と戻り、ご対面~

ゲージの中でお昼寝中でした 起こすのも申し訳ないので遠くから撮影(顔はわからず)

「ネコ館長育成基金のお願い」とあったので気持ちだけ寄付

そして「トンボ王国クッキー」を買って帰る 5枚入り¥360×3ケで¥1080也

行ったのが、平日だから少ないのかもしれないが、もっと自然と触れ合うイベントが出来ればいいね

 撮影:2017/10/04(WED) 四万十市具同にあるトンボ自然公園・四万十川学遊館にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビーズトンボ・携帯ストラップ~あきついお

2017年09月16日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市トンボ自然公園 四万十川学遊館・あきついお

四万十川学遊館には「トンボ館」<日本産種のほぼ全種の標本を展示>と

「さかな館」<国内外の淡水・汽水魚約300種の飼育展示>の施設があり

四万十川の自然を体感することが出来る所

「あきついお」とは古い言葉で「あきつ(秋津)」がとんぼ、「いお」が魚を意味する

昨年、お邪魔した時に買った「ビーズトンボ・携帯ストラップ

このトンボは「ナンベイカワトンボ」らしいです

物持ちがいいというか? 約一年交換する事もなくガラケーにぶら下がっています(笑)

今度行ったら、「トンボ王国クッキー」が美味しかったのでまた買ってこようかな

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

今日は昼過ぎから強く雨が降る予報で、この時間は小雨ですが引越しは一時中断

最接近は17日の夕方頃となっていますが、西日本は今日から明日にかけて大雨と暴風に警戒が必要との事

家の片付けもありますが、今日、明日はゆっくりと過ごします

台風18号の通過した18日からまた再開です 引越し完了目標は22日です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

通称「赤鉄橋」~四万十川に

2017年06月08日 | 四万十市(旧中村市)

四万十川にかかる橋・四万十川橋

でも・・ ほとんどの人は親しみを込めて、この橋を「赤鉄橋」と呼ぶ

今でこそ、国道56号線の「渡川大橋」が主要地方道となっているけれど

私の小さい頃はこの「赤鉄橋」を通って都会に出ていき

都会から帰って来る時も、この橋を見て「帰ってきたんだなぁ」と思ったものです

終戦当時、この「赤鉄橋」の橋げたの間をグラマン戦闘機が曲芸のように

通過していたとの話を聞いた事もある「赤鉄橋」

自宅から車で約1時間の所にある四万十市(旧中村市)

何かの用事に行った時にしか見る事もなくなってきたけれど

いつまでも変わることなく、その姿を残してほしいものです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万十市・入田ヤナギ林の「菜の花」

2017年03月02日 | 四万十市(旧中村市)

2月に初めに行った時はちらほらと咲き始めていた「菜の花」

そろそろ見ごたえのある景色が見られるかな?と

ここは四万十市・入田ヤナギ林

約2Kmの河川敷で咲き、約1000万本とも言われる「菜の花」

まだ5分咲きくらいだったけれど、それでもそこそこ見ごたえのある景色となっていて

3月4日からは「花紀行・菜の花まつり」も始まります(3月26日までの予定)

何でも土日祝日には催物もあるみたいですよ

見頃は3月中旬頃になるのかもしれませんが、是非、行ってみてはいかかでしょうか?

一足早い春の訪れを実感できるかもしれませんよ

 撮影:2017/03/02(THU) 四万十市・入田ヤナギ林で咲く「菜の花」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春よ来い!

2017年03月02日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市・入田ヤナギ林で咲く菜の花を見に行った時の写真

上流域まで行って戻って来ていたら・・

「あ、こんな所にネコヤナギがある」と予想していなかった事にビックリ

ここ数年、生け花などでは見るのだけれど、生で咲いて?いるのを見た事が無くて

「ネコヤナギ」と「菜の花」のツーショットに、ここだけは春みたいな感じで

まだまだ春本番ではないけれど「春よ来い!」って感じです

 撮影:2017/03/02(THU) 四万十市・入田ヤナギ林での風景

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この風景は春?

2017年03月02日 | 四万十市(旧中村市)

海上では西の風が強く吹いていて3~4mの波だけれど・・

この風景は春を感じさせてくれる

場所は四万十川の下流域にかかる橋「四万十大橋」

土佐清水市方面から下田へ行く時に渡る橋

中村へ行く途中でこの橋桁のシルエットが綺麗に見えて

幼稚園の傍の空き地に停めて撮影

まだまだ春本番ではないけれど、南国高知には春の足音が近づいているようですね

 撮影:2017/03/02(THU) 四万十川沿いからの風景

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花がちらほらと~入田ヤナギ林

2017年02月09日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市・入田ヤナギ林で菜の花がちらほらと咲き始めました

今年の四万十川花紀行・入田ヤナギ林の「菜の花まつり」は

3月4日~3月26日の予定となっています(※催物は3月26日までの土・日・祝に予定)

やがて、河川敷が約1000万本の菜の花で埋まる光景は圧巻です

今、寒波襲来で日本列島が冷え込んでいますが

南国高知・四万十市から春の気配を全国にお届けいたします

 撮影:2017/02/09(THU) 四万十市・入田ヤナギ林の「菜の花」

昨年の満開に近い頃の風景はこちらです

是非、見に来てください  四国の端っこの幡多路に

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あきついお~四万十川学遊館

2016年10月06日 | 四万十市(旧中村市)

車の点検が昼までに終了したので「あきついお」に寄ってきた

入口に四万十川学遊館「あきついお」があり

グッズ販売の奥に「とんぼ館」「さかな館」の有料の資料館があるのかな?

資料館を出て歩いていくと

「山間部に水をひいて池を作り植物を育てている」といった感じでした

想像したのとはちょっと違っていて

もう少し全体が自然公園のようになっているのかと思っていたのですが

自然に近い形と言えば言えないことはないけれど・・

今日は陽射しが強くてトンボを探して歩くには不向きな日でした

のんびりと散策するには何時が一番いいのだろうか?

このエリアを維持していくのも大変だろうけれど

「観光施設としてはどうだろうか?」と疑問に思ってしまった

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花~四万十市

2016年03月23日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市入田ヤナギ林で咲く「菜の花」

四万十川沿いの河川敷で1000万本の菜の花が見頃となっています

この日は天気も良くて、ぶらり散歩がてらに最適で

途中、観光バスからも多くの人が降りてきて

「わぁ~綺麗」「すご~い」とか歓声をあげていました

一面の広がる菜の花の風景は見る価値はあると思います

もう少し楽しめそうなので是非、一度訪ねてみてはいかがですか?

 撮影:2016/03/22(TUE) 四万十市入田ヤナギ林で咲く「菜の花」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

幡多観光の起点~中村駅

2016年01月11日 | 四万十市(旧中村市)

公共交通機関を利用する場合、幡多観光のスタート地点となる「なかむら駅」

中村に用事があって行った時にちょっと寄ってみた

駅前の隅っこにあった「駅前食堂」は「レンタカー店」に変わり

ちょっとずつ変化が・・

入場無料のホームに入ってみると列車「あしずり」が時間待ち?で停車中

今回は中村まちバスを見る事が出来なかったけれど、懐かしいボンネットバス

大人200円で利用できるので便利ですよ

少しずつ暖かくなるにつれて、乗降客も増えてきてくれるといいね

4月10日から2016奥四万十博 こころすっぴんの旅が始まります

「奥四万十博」のステージは高幡広域5市町で開催

須崎市と高岡郡の中土佐町、四万十町、梼原町、津野町

大雑把に言うと、高知市と幡多路の間にある地域かな?

この機会に幡多路へもちょっと寄ってみませんか

 撮影:2016/01/08(FRI) 中村駅の今

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

 「おきてがみ」が機能していないようなので中断致します

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

気になるお店「Tane」

2015年12月03日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市下田にある「土佐西南大規模公園・四万十」

ここの展望広場に行く途中にあるお店「Tane」

営業日が木曜日~日曜日の11:00~日ぐれまで

私の休日と営業日があわず、まだ一度も入ったことが無い

このネームプレートは昨年はなかったような・・

お店の前にあるベンチに置かれていたサザンカの花

お店の方が置いたものなら「閉まっていてごめんなさい」みたいな何か気遣いというか心遣いを感じる

昨年行った時にあったメニュー表 今年は営業日の案内だけだった

もう食べ物は止めたのだろうか?

何とか、営業日に時間をつくって寄ってみたい気になるお店です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありふれた風景

2015年12月02日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市に出掛けた帰り道

ちょっと寄り道して四万十市下田辺りを走っていた時

小舟が静かに上流に向かっていく

その波紋に陽光がキラキラと輝いて

その風景が「なんかいい感じだなぁ」って  道路端に停車して撮影に

水面から出ている棒は「青のり」を取るためかな? こんな所でも?とびっくり

別の特別なことがあるわけでもなく、ありふれた風景なんだけれど

こんな穏やかな風景を気付かせてくれた小舟に感謝かな?

 撮影:2015/12/01(TUE)  四万十市下田にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土佐西南大規模公園~うつろう

2015年12月02日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市下田にある土佐西南大規模公園・四万十

ここにある鉄のオブジェ「うつろう」

鉄の芸術家・溶接オブジェを得意とする事で知られる「クマさん」こと篠原勝之さんの作品

平成8年(1996)に完成して来年で20才となる

搭の先端は北極星を指し、搭の下の七つのステンドグラスは北斗七星を表す

19年が経過した今でも変わらぬその姿に唯々感動

田舎に戻ってきたのが平成9年(1997) 18年も経ってしまった

何故か判らないが・・

このオブジェを見る度に「自分も頑張らなくっちゃ」と思う自分がいる

 撮影:2015/12/01(TUE) 四万十市下田にて

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「赤鉄橋」復活!

2015年12月01日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市 四万十川にかかる「四万十川橋」

通称「赤鉄橋」

赤鉄橋の塗装工事も終わり、今鮮やかな赤色の橋に復活

今日は一段と青い空に「赤鉄橋」が映えて

四万十川も風もなく、鏡のような水面を見せてくれて

綺麗に剪定された広場にのびる木々の影

朝の寒さが嘘のような穏やかな昼下がり

この様な天候が2~3日続いてくれたら、まったりと過ごせるのになぁ・・

中村の赤鉄橋 今の色は・・ 私の中では「えんじ色」か「茜色」の橋のイメージがあって

数年したら落ち着いた色彩になってくれるとおもうけれど

 撮影:2015/12/01(TUE) 四万十川にかかる「赤鉄橋」の風景

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地上の星空!

2015年10月29日 | 四万十市(旧中村市)

四万十市下田にある土佐西南大規模公園・四万十

ここの施設「とまろっと」に近くに星空観測広場があります

蓄光石という太陽の光を蓄えて夜になると発光するものを並べて星空を表現

暗くなるにつれて、少しずつ輝きを増していって

初めて見た時、蓄光石を配してこの様な形にするアイデアに感動したのを覚えています

暗闇で光る時間は・・

光を当てた時間や光量に左右される為に補助ライトによって補っていて

ただ・・ 久しぶりに行った昨日

ここを管理・整備する人が居ないのか? 草が茂り放題で・・

小さな蓄光石が集まり光を放つ

折角のいい場所なのに勿体無い気がして

何処の場所も年配のボランティアに頼る所が多いようで

空には十六夜月が綺麗に

余談ですが・・ 2009年に行った時の昼間の様子です

この時はまだ綺麗に整備されていたのですが・・

 撮影:2015/10/28(WED) 四万十市下田にある「星空観測広場」にて

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加