小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

ようへん天目茶碗3

2017-01-30 19:11:19 | 日記

      29.01.30    ようへん天目茶碗3        NO.1420

  鑑定に出されたこの磁器が、もし偽物だった場合はどうなるでしょうか? 鑑定士

の中島 誠之助の権威は失墜するでしょうか? 中島がもし、この磁器が偽物である

と知りつつ、依頼人に便宜を図り依頼人が他の第三者に高額で売りつけるための偽計

を企てたものならば、詐欺幇助になるのでしょうか?

依頼人は真贋を知らなかったので、中島の鑑定を信じて高値で売却した場合で、後日

になって買主が贋物と知り、売主に対して損害賠償の請求ができるのでしょうか? 

または詐欺罪で告訴・告発できるのでしょうか?

詐欺罪での告訴・告発は困難であろうと思いますし、損害賠償も困難でしょう。  

出来たとしても「錯誤」による契約の解除と代金返還請求くらいではないかと思いま

す。

それだって、売買があった日の翌日から起算して、最長10年以内に請求しなければ

「時効」に掛ってしまい、請求権が消滅してしまいます。

でも、私なんか茶器はおろかご飯茶碗だって、100均で買うくらいですから、骨董

品の贋物をつかまれるなんてことは金輪際ありませんはから、枕を高くして眠れるの

です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資産運用 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事