小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

猫ノミ

2017-01-03 18:40:33 | 日記

      29.01.04   猫  の  み         NO.1394

  何年か前のことですが、孫と散歩していてドングリの実を拾おうとして草むらに

入ったところ、帰宅してからふくらはぎあたりが痒くなり、かゆみ止めのムヒを塗り

ました。 それでも痒みが止まらないので、さらにラナケインを塗りますと下肢は熱

を帯び膨れ上がってきたので、塗布剤をぬぐい取って洗浄し皮膚科でもらっていた軟

膏を塗布しました。 すると下肢はさらにふくれあがり、太ももほどにも肥大化して

ズボンもはけないほどになり、さらに親指ほどの大きさの水泡が20個ほども発生し、

痒みはさらに激化しました。

その日は土曜日だったので医院には行けないので救急センターに行きました。

センターでは内科から外科に回されましたが、外科でも「こんなの初めてで、わかり

ません!」と消毒と包帯でおしまい。

週明けを待ちかねて皮膚科に行きますと「猫ノミです」「猫に寄生するノミに刺され

るとこういうことになる体質の人が稀に居る」とのこと。

さすがは専門医、新しく調合してもらった軟膏をもらって塗布しましたが、水疱がな

くなるのに3週間もかかりました。 以来猫嫌いはさらに高まり、猫好きという人は

どうしてそういうことにならないのか魔可不思議でなりません。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敗北 | トップ | 診療所にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事