小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

メダカ

2017-03-15 20:26:41 | 日記

     29.03.15      メ  ダ  カ   NO.1465

  人間は過去のことよりも今とこれからの方が大事だとは思うものの、昨日お風呂に

入ったのかどうか、晩ご飯のおかずは何だったのかさえ覚えていない年齢に達します

と、却って古いことを思い出すものです。

孫と芥川でメダカを採っています。 6匹取れました。 9年前の平成20年8月

15日でした。  その時ふと思い出しましたのでした。  そうだった、昭和20

年の8月15日も小川でドジョウを採っていたんだ。

戦火を逃れて疎開した母方の親戚筋の滋賀県豊国村の小川でした。 弟が腎臓病で動

物性タンパク質が必要なのに食べるものがなかったからたからでした。

週に2~3回母がリヤカーに3人の子供を乗せて4Kほど離れた診療所に通っ

ていたのです。 「女は弱し されど母は強し」の感じがありました。

お金もなかったけれど、食糧が不足して隣の卓では米飯を食べているのに、

自分たちはいつもいも粥をすすって命を繋いだのでした。

「戦争に負けた」はその小川で立ったまま聞きました。

余り感慨はなかったけれど、その時点では漠然と父が帰って来るものと思って

ました。

その2ケ月後父は台湾陸軍病院で肺結核のために、妻子の元へも・日本の国へ

も生きては帰れぬ人となったのでした。

齢(よわい)38歳。 いまの日本は表面的には平和ですが、政治家の思うま

まに任せておけば、いつまた、戦争始めることか図り知れません。

稲田防衛大臣や安倍総理のヒステリックな発言を聞いていると気分が滅入りま

す。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抱月町 | トップ | 29.3月の川柳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事