小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

ホセムヒカ5

2017-04-29 19:42:26 | 日記
 
 

   29.04.30      ホセ・ムヒカ5     NO.1511

 

「世界一貧しい大統領」と言われていることについても反論しています。  まずしいのではない「質素」なんだ。   貧しい人と言うのは十分に持っているのにまだまだ欲しがる人のことだ。

日本にだって「清貧の思想」が尊ばれていた時代があった。

それが日本の最も誇りうる文化であった。

なのに、バブル経済にどっぷり浸かり、大量生産・大量消費の文化に浮か舛添前知事のような人が政治の舞台で人気を集め、富山市議会の政務活動費の不正操作もそうだ。

政治家がウソの領収書を書いて公金をだまし取るなんて「清貧の思想」のかけらもない。  本当はこういう人のことを「貧しい」というのだ。

日本人は助け合う心も失っている。 童話のありとキリギリスの物語は、日本では冬に食べ物がなくなって困ったキリギリスをアリは助けなかったが、アルゼンチンの絵本ではありがキリギリスを温かく迎えて食べ物を分けあったというお話になっている。

そういうこともあるのだろう、世界の国々の幸福度というものがあるが、経済大国の日本が年々順位を下げて、2016年には53位になっている。

ホセ・ムヒカ終わります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホセムヒカ4 | トップ | 日セムヒカ5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事