小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

貸したらアカン2

2017-07-17 20:03:15 | 日記

       29.07.18      貸したらアカン2  NO.1590

 Fさんの息子(A)さんが会社の同期入社の同僚(B)に「郷里の親が危篤になったので急

に帰郷しなければならなくなった」「悪いけれど50万円ほど貸してほしい」頼まれて、その息

子は親(Fさん)から50万円を借りてそのBに貸しました。

信頼していた友達だったので「借用書」なども取らずに貸したのです。

ところが、1週間たってもBからはなんの連絡もないので、Bの家族に電話をかけたところ、

郷里の親云々は真っ赤なウソで、その後自宅にも帰って来ていない。 どうもどこかへ蒸発

したみたいたいだという話だった。

こんなお金を返してもらうにはどうすればよいでしょうか? という相談です。  

<回 答>

人様に貸したお金は返ってこないという痛い教訓と思って、諦めるのが一番ですが、どうし

ても回収したいのならば、貸したという事実を証明で出来る「物的証拠」を作ることが先決で

す。

まずは、事実関係について相手側に内容証明郵便(配達証明付き)を出すことが必要です。

・・・続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池谷茂文 | トップ | 貸したらアカン3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む