細田暁の日々の思い

土木工学の研究者・教育者のブログです。

人生初の輪行によるサイクリング

2017-05-05 19:49:07 | 趣味のこと

基本的にこだわりのない私ですが、別の言い方をすると「奥手」なのかと思います。ただ、これぞと思ったものについてはじわじわとですが、しつこく続ける性分のようにも思います。

サイクリングについても同様です。2年前にフランスからの家族の帰国に合わせて自転車を新調したのですが、私自身は初めて本格的な自転車としてクロスバイクを購入しました。それまではママチャリ。初めて乗ったときの感覚はとても刺激的で、ヘルメットやら手袋やら、それなりにサイクリングのグッズも揃えました。子どもたちとのサイクリングが主でした。

少し前から、電車で自転車を運び、自宅まで帰ってくるサイクリングのようなものがしたいな、と思っていました。輪行というらしいですが、これができるようになるとサイクリングの幅が一気に拡がります。

輪行とは独立に、GW中に次女のみ暇な平日があり、たまたま私も仕事が入っていなかったので、思い切って自転車で一泊旅行を企てました。この一泊旅行もいろいろありましたが、別のエッセーにて。目的地はみなとみらいで片道30km弱で、一泊しているので、サイクリング自体はそれほどきつくはなかったですが、私にとっては趣味のレベルアップのきっかけになりました。輪行をやりたい気持ちが一気に高まり、ウェブでいろいろと調べてグッズを購入し、5月4日に決行することにしました。

Webではそれなりに調べたつもりでしたが、袋の選び方が適切でなかったのか、自分の袋への入れ方が良くなかったのか、とにかく運びにくく、最寄りの駅で電車に乗るまでが一苦労。目的地の相模湖駅で改札を出るまでも結構疲れました。ですが、何とかかんとか自転車も組み上がって、出発の準備完了。



相模湖駅まで輪行している人を二人ほど見かけて(これまでそんな人、目に留まったこともないですが、興味、趣味とはおそろしいものですね。)、前後輪を外すのは素人の自分にはハードルが高いこと、肩にかつげる輪行バッグがあること、を知り、次回へフィードバックすることにしました(早速、前輪だけ外して入れられる初心者向けの輪行バッグを4日夜に購入、5日に受け取り)。

さて、午前10時にスタート。中央自動車道の橋梁が見えて写真撮影。



サイクリングの良いところは、ドライブよりもさらに小回りが効き、自分で自由にルート選定できることです。相模湖からスタートして津久井湖を過ぎ、小倉橋に久しぶりに行くことにしました。新小倉橋。最初にここに訪れた時は私は修士の学生で、新小倉橋の建設途中でした。



GWとあって、河原は家族連れでにぎわっていました。



私はアーチ橋が大好きですが、旧小倉橋は今でも立派に交通を支えていました。私も初めて、旧小倉橋を走行しました。



小倉橋を西側に(戻る方向に)渡って、しばらく相模川の右岸を下りました。なかなか橋が現れませんでしたが、高田橋の手前に雄大な鯉のぼり群を見つけて写真。これまでで見た一番すごい鯉のぼりかもしれません。



相模川を再度、東京の方面に向かって渡り、多少の空腹感はあったものの、これだけの長距離サイクリングは初めてだったので、なるべく昼食までに走行したいと思い、頑張りました。13時前くらいにサイゼリアに入って、トマトソースのパスタをいただきました。お水がおいしかったし、500円もしないパスタもとてもおいしかったです。

鶴見川のかなり上流にも遭遇。



その後、相模原市、町田市を走行し、川崎市に入ったのですが、信じられない事態に遭遇。

以下の川崎市の北部市場の辺りの歩道を走行していたときに、いきない前輪がパンク。。。え?と思いましたが、前輪を見ると、なんと画びょうがささっていました。完全なパンク。しかも、人生初めての輪行での長距離サイクリングでなぜ画びょう?

やむなく自転車を押しながらどうしようかと途方に暮れていました。最悪、もう一度輪行で帰宅するかと思いましたが、少し進んだ交差点にマルエツがあり、ホームセンターも併設されてました。自転車ショップもあったので、もしかしたら修理してくれるかもと思い、駆け込みました。修理の注文が多く、数日かかると最初は言われましたが、状況が状況だけに親切な店員さんが即時修理してくれることに。修理の間、マルエツから近い菅生緑地でマルエツで買ったメロンを食べて休憩。



菅生緑地。ここも家族連れが多かったです。



メロンも美味。



リュックを枕に少し寝転がりました。うたたねしかかったくらいで自転車ショップから電話がかかってきて、修理完了、とのこと。神様に思えました。。。サイクリングにはハプニングも付き物かと思いますが、いろいろ人生勉強になる予感。



パンクしたのが14時ごろで、自転車が復活したのが14:45ごろ。再スタートを切り、快調に尻手黒川道路を疾走し、246号に入って多摩川を渡り、下流へ。

丸子橋周辺もにぎわっており、橋も美しかったです。



最後は、中原街道で自宅を目指すこととし、洗足に池があることを初めて知りました。。。サイクリングは地域のことを良く知るツールでもあります。。。池の周囲は坂になっており、池があることも地形的に納得。サイクリングは地形もよく知ることのできるツールでもあります。。。上り坂はきつい。



というわけで、ハプニングもありましたが、自宅には16:30ごろに到着。

長距離サイクリングは、自分にとても合った趣味になる予感です。ストイックな感じもするし、土木、建築的な出会いも多く、こだわりのない自分ですが、ついにこだわり始めた感じです。5日には、ロードバイクを購入することにしてしまいました。。。長い人生ですから、いろいろと凝りがいのある趣味も持っておくのもよいかと思い、決断しました。もう一つのスポーツの趣味は水泳なので、裸一貫の趣味ですので。。。

次回の輪行サイクリングは、GW最終日に大宮の近くの母方祖父母の眠っているお墓のある霊苑で両親と待ち合わせて墓参りをして、そこから自宅を目指す予定。距離的には相模湖からの方が遠いし、輪行バッグも新調したので、ハプニングが起こらないことを願います。ロードバイクのデビューはもう少し先になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細部の調整 | トップ | 激変 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味のこと」カテゴリの最新記事