細田暁の日々の思い

土木工学の研究者・教育者のブログです。

フランクフルトのひげ松

2009-06-28 00:54:16 | 人生論
今日は、土曜日の21時にフランクフルトを出発する便で帰国するので、どのように日中を過ごそうか、いろいろオプションがありました。ちなみに、昨日か今日にデュッセルドルフで業界の知人と会う予定でしたが、出張前にキャンセルになりましたので、予定が無くなりました。

マインツからライン川下りをしようか、とも思ったのですが、帰国前に疲れを溜めてはいけないので、チェックアウトまではホテルで仕事。

10:30にチェックアウト後、結局7時間ほどフランクフルトを探検しました。

ガイドブックに書いてあったとおり、それほど大きな街ではないので、すべて徒歩で中心街をほぼ歩いて回ったように思います。全部で6kmくらい歩いたようです。

昼食を、いろいろあった挙句、「ひげ松」という日本料理屋で食べました。なかなか素晴らしい店の雰囲気で、要は、ひげを生やしたまっちゃん、という大将が店を経営している、ということです。

ひげ松がお薦めしてくれた、寿司と素麺のセットを注文しました。盛り付けも素晴らしく、美味でした。

カウンターで隣に座った製薬会社の日本人駐在員の方とも話が弾み、とても楽しい時間でした。

ひげ松ともいろいろと話しましたが、今日の教訓は、やはり「人と話す」ことの大切さです。いろいろと勉強して一人で歩いて回るのもそれなりに有効ですが、やはり人と話すことから学ぶことはとても多い。

今日は、ひげ松と駐在員のCさんとお話して、いろいろと学びました。

フランクフルト(他の都市もそうだろうけど)では寿司が大ブームだそうで、なるほど歩いているとたくさん寿司屋がありました。多くは回転寿司で、日本人でない人が握っていたので、味は推して知るべし、でしょうか。

ひげ松さんには、本当の日本の寿司、日本の料理をフランクフルトで発信してほしいです。そう伝えました。日本をきちんと知ってもらう、という意味では、ひげ松さんのような方々のご努力がとても大切だと思います。

さて、そろそろフランクフルト空港に向かいます。

家族の待つ日本に帰ります。
感性が爆発したような出張旅行でしたが、機内ではできる範囲でお仕事します。

帰国後は、7/8(水)~10(金)に札幌で開かれるJCI年次大会が終わるまで怒涛のように過ぎると思いますが、気合を入れて頑張ろうと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知らないということ、知ること | トップ | JCI初日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人生論」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事