劇団「チャレンジャー」稽古日誌

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

久し振りの稽古

2017-07-12 09:20:17 | 日記
劇団に狂言「濯ぎ川」の公演オファーが入りました。
公演日は、8月5日です。
それで、7月中に5回の稽古日が設定され昨日は、その最初の日でした。
5月以来久し振りの稽古ですが、なんと劇団員16人全員出席でした。
稽古に賭ける劇団員の意気込みが感じられます。
今回の公演で舞台に上がるのは、私(亭主)とOさん(女房)、Wさん(姑)の3人です。
この演目、私は昨年11月に出演した経験があるので、「今回は余裕で…」と思っていましたがちょっと違いました。
稽古が始まり、「亭主」の冒頭の長台詞「わたくしはこの辺りに住まいいたす者でございます。わたくしの女房は…」を狂言調でスラスラと進めました。
早速ディレクターのダメが入りました。

・これまでの公演で、お客様の反応に接した経験から今回は「感情を込めた演技」を重点にする。
・前回は狂言のもの言い、立ち居振る舞いを表現するのが精一杯だったが、今回はこれに「豊かな感情表現」を載せていく。
・狂言の大らかな表現を残しつつ、狂言の形は多少崩しても「亭主」の嘆きが色濃く出る方がいい。
・ふくよかに、大らかに歌い上げるその中に亭主の嘆きが見えるように演じる。
・「亭主」の嘆きを観客と共有する。

演出の奥深さを改めて感じた一日でした。

狂言「濯ぎ川」の稽古風景

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後期高齢者になりました | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (yukiko)
2017-07-12 20:57:58
ブログ更新がないので心配していましたが

お芝居の練習が始まると生き生きした様子が感じられます。

こうでなくちゃ!

暑いですからお体に気を付けてご活躍をお祈りしています。
ご無沙汰しました (akira)
2017-07-13 17:31:58
お休み中の6月は、老人クラブの演芸大会での朗読劇「月売り」の稽古そして28日に本番を打ちあげました。
ブログの方はちょっとご無沙汰気味ですが、yukiko さんのパワーをもらって、よし!頑張ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。