Akira's Groove (Goo Branch)

akirabass~亀山アキラです(^_-)-☆ テキトーに、デタラメに、楽しく生きてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと実験

2007年09月11日 | Weblog
しばらくの間、ここのブログに代わりまして、
アキラの暴言放言コーナーはmixiで展開していこうかと思ってます。

名前は「akirabass」で検索してくださいな。
mixi未入会の方は、言うてもらえれば招待状をお送りします。

使いやすい日記スペース探しの一環ちゅうことで。。。
また飽きたら戻ってくるかも知れません。(その可能性大・・・笑)


ミクシィのアドレスはhttp://mixi.jp
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

なつやすみの宿題

2007年08月30日 | Weblog


(写真は本文と関係ありません)




----------


ガキの頃は毎年のように繰り返された、
この季節の風物詩。
「この季節」というよりも・・・
正確には「8月末」だな。

夏休みの宿題、である。

「休み」の期間中に勉強なんかするはずがない。
当然、宿題なんぞさっさと片付けるワケもなく、
この時期まで放置するのなんて至極当然である。


さてさて、
そんなコドモ時代の光景であるが、
エエ年こいて再び味わう羽目になるとは。
実は先月、学校で「期末テスト」ってのが実施された。
もちろん、わしが担当しとる英語のクラスでも試験をやったのだが、
これを採点せなアカン。
先公やからな・・・。はあ。
ベースの実技だけ教えてたらOK!ではないのだ。
ここらへん、ちゃんとした専門学校って感じである。

先月末、学校で答案の山を渡され、
「夏休み中に採点をお願いします」と言われたきり、
へへへ~そのうちやろか~って思ってたら・・・

うわ、もう月末やんか!
来週は学校が始まるやないか~~!!

今回、わしが出題したのは小論文の形式なので、
ハッキリとした正解or間違いがない。
文章を読んで、それを総合的に評価するってやり方だ。
もちろん、採点にもそれなりに時間がかかるのだが、
今ごろになって大慌てで着手しとります。

コドモの頃は遅れて提出するとか、
なし崩し的に結局やらないとか、
あの手この手を使ったものだが、
さすがに今はそうもいかない(笑)
やるしかないのだ。。。とほほ。


けどなあ、
別に学校が夏休みの間、わしは遊びほうけてたワケやないぞ。
それどころか、演奏屋としては超繁忙期である。
ま、普段の学校の授業がないから昼間は比較的ヒマやってんけど。。。

とにかく、この週末までに全部の採点を終わらせなければ!




----------


で、七厘で肉を焼いたりして現実逃避しています。
ハラが減ってはイクサも出来ん!



激ウマ。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ちゃんと、生きてます☆

2007年07月05日 | Weblog
アキラです。
いやぁ、ちょっと無理しすぎたかも知れません

今年から学校のセンコー業が大幅に拡大されて、
TV中継仕事とのダブルヘッダーだけでも死にそうなのに、
ライブだのレコーディングだのの予定は普通に入ってくるモンで、
酒も飲んでへんのに、常に酩酊状態(笑)


わしにしては珍しいことに、今年これまで野球観戦に一度も行けず、
わしにしては珍しいことに、今年これまでバイクでの遠出も出来ず、
ただひたすら、仕事・仕事・仕事・・・。




けどね、
ここらへんは自営業者の習性というか、
来る仕事は絶対に拒まんのよな。いくらキツかろうが。
何しろ、明日ちゃんと食えるかどうかもワカランし。



ちゅうワケで、フルスイングで動き回ってたら、
とうとう身体が飽和状態に達してしまいましたわ。
ご迷惑をおかけした関係各所のミナサマ、
ホンマすんませんでした<m(__)m>

もう復活したので大丈夫ですばい☆・・・たぶんね。








学校では、日々こんな感じで授業をしているのである。
ちなみにこれはベース実技系レッスンの「即興演奏法」初級。
わしも昔、こういうの必死になって覚えたなあ・・・なんて思いながら、
将来わしのライバルになるであろう若きベーシスト達と、
「呑気で大騒ぎ、でも実は超シリアス」な授業を展開中。

ところで、わしも学校では「センセー」などと呼ばれるわけだが、
誰がどう見ても、センセーなんてガラではない。
出来れば、こう呼ぶのはやめていただきたいものだ。

そんなヤツが、40人以上を相手に座学系の授業まで担当し、
黒板にチョークで字を書きながらセンコー面しとるなんて、
これギャグ以外の何物でもないぞ。






学食のラーメン。
しかし、こいつがバカに出来んのだ。かなりウマイ。
ストレート麺に、伝統的な東京スタイルの醤油味スープ、
食べごたえのある煮豚にメンマ、ワカメ。
これで270円というのは破格としか言いようがないぞ。
学食サマサマである。




渋滞だ、渋滞だ、楽しいな♪






隼人加織さんのレコーディングに突撃。
かなりの強行軍にしては、なかなかイイ音になったぞ。
最後に記念撮影。美女に迫られると弱いです。






で、家に帰ると・・・
リビングに飾ってあるコルコバードが、オカメインコに改造されてた。
しかも、セロテープで。
無残だ。何てことしやがる。。。




さあ、また今日から頑張るぞっと☆
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

交際宣言

2007年05月18日 | Weblog


デレデレしやがって。
ムカツク!!




以上。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

まさかとは思うけど

2007年05月09日 | Weblog
かの方も電車に乗る。
そして、定期を落とす。


意外に庶民的なんですね。



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

静岡は遠足日和

2007年05月04日 | Weblog
こないだ雪山で遊んでたと思ったら、
もうすっかり世間は春である。
そういえば桜も咲いてたような気がするけど・・・


夏タイヤに履き替えたアコードに乗って、
静岡方面に出かけてきたぞ。
日帰りで呑気に遠足、である。
ただし、高速に乗るのだからETCの割引は見逃せない。
例によって朝5時半ごろウチを出て、
静岡は掛川まで、半額近い料金で済ませてしまう。


最初の行き先は「掛川花鳥園」。
でっかい温室みたいなトコにいろんな花があって、
その中をいろんな鳥が勝手に飛び回ってるという、
鳥マニアにはタマラン(と思われる)場所だ。



いきなりペンギンの出迎えを受ける。
なんて平和な表情をしとるんや、コイツらは。。。



中はこんな感じだ。
これが何という花なのかは・・・・ナゾである。

「デッカイ花束を天井から逆さ吊りにしたやつ」

でしょ?



最近カメヤマ家で一番いばっている「チキン」の仲間、
オカメインコの集団。
チキンなんか居間を何周か飛んだだけで息切れしとるが、
ここにいるオカメインコの団体は凄いぞ。
華麗な編隊飛行を見せてくれる。
日頃から鍛えとるってことかね。
たぶん、閉園後にスパルタ編隊訓練をしとるんやろな



「オオハシ」に餌をやってみる。
このクチバシ、相当痛そうやないか!
けどヤツは手加減してくれているようだ。痛くない。

カラフルな花の中をカラフルな鳥が飛び回る姿、
これは見てても楽しいんやけど、
いわゆる「爆撃」には注意が必要である。



さて、花鳥園の次は・・・
SLの旅といきましょうか。
すぐ近くを走る大井川鉄道は、
昔からSLの動態保存をやっていることで有名である。
SLだけではなく、
近鉄、京阪、南海といった関西私鉄の往年の特急車両もいるという、
鉄オタにはタマラン(と思われる・・・笑)場所だ。




C11。
こんなのが現役で動いているなんて!
SLが国鉄の営業運転を退いたのは昭和51年、
大井川鉄道が動態保存を開始したのも昭和51年。
そこから考えても31年が経過しているワケだ。
その熱意には頭が下がるばかりである。
わしが幼稚園の頃に読んでた鉄道大百科なんて本にも、
「大井川鉄道ではSLが走ってる」って書いてあってもんなあ。。。
いや、すごいコトやわ。



車内の様子。
旧型客車ならリアルタイムで知っているが、
まさにこんな雰囲気やったで。
トンネルに入ると、車内は白熱灯の照明が何ともいえずナイス!




弁当も昔風である。



運転室。ものすごい熱気と緊張感。
ここで、SLという無骨な機械を操るのである。

熱い視線を向けていたら、
機関助手さんが「ちょっと入れ」と言ってくれる。
博物館にあるカマの運転室なら入ったこともあるけど、
生きてるSLはもちろん初めて!



石炭投入に挑戦!
ただ火室に放り込めばいいというものではなく、
燃焼効率を考えながら「まんべんなく」入れるんやって。
これまた熟練が必要な技術やで。。。



運転席にも座ってみる。
あんまり似合わないかな(笑)



帰り道、大井川沿いの塩郷という駅で降りてみた。
教科書に出てきそうな、典型的な中流の風景だな。



すぐ近くには吊り橋がある。
下を見ると恐怖だが、見なければ大したことはない。
ちょっと余裕のポーズだ。
本当は足ガクガク震えてるなんて・・・言わなければ分からない。




せっかくこの辺まで来たので、
夜は焼津に寄ってサカナを食うことに。
こりゃウマイ♪♪


んで、帰りもETCの割引を駆使したのは言うまでもない。
いい景色見て、いい旅して、ウマイの食って、
なかなか楽しい1日だったぞ☆
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、そうやった

2007年04月29日 | Weblog
やっと思い出した。
わし、ブログってものを持ってたぞ。

・・・懲りずに訪問してくださるみなさま、
いつもありがとうございます&スンマセン<m(__)m>
いえ、まったくもって反省してないんですが。


チキンも呆れています。




さてさて、
相変わらずアキラはすっ飛び回ってますよ。
ゴルフ中継のスケジュールもビッシリつまってる中、
3月はシンガポールでライブをやり、
桜が咲いたかと思えば、
4月からは学校の授業もフル回転。
去年は代講の要員として学校に紹介してもらい、
週1日、月曜日だけの担当だったのが、
今年からは週に4日の出勤になってもうた。
ほとんどフルタイムやないか!

んで、担当する授業の幅も広がって、
ベース科の技術専攻はもちろん、
他の楽器のプレイヤー相手に副科ベースのレッスン、
ゲームミュージック科に出張して音楽理論、
はては英会話の授業まで!

ちゃんとした「教室」という場所で、
教壇に立って黒板にチョークで字を書き、
数十人の学生の前で授業をやるわし。

どう考えてもおかしいやろ~!



肝心の音楽屋生活は・・・
こないだは学校の新入生歓迎ライブとやらで、
久々に大暴れのベースを弾いたりもしたけど、
基本的には相変わらず「のほほんと」マイペース☆

でも、今ちょっと楽しいんよ。
歌うたい&ギター弾きのHatsumiさんという人がいて、
前からベーシストとして多少の付き合いはあったんだが、
ここ数ヶ月、お互いの音楽観やらを話してるうちに、
ずいぶんと意気投合してしまった。
見事なまでに彼女の音楽制作に首を突っ込み、
いろいろ面白いモノが生まれてきとる。

ずっと自分の理想として持ってた、
「女性ボーカリストとの音楽作り」。
今はいろんなスタイルを実験してる段階やけど、
だいぶ形が見えてきたぞ。

Hatsumiさんとの活動は、
今後ここでもオモロイ報告が出来そうやで。
どう展開していくか、自分でもすごい楽しみやわ。


そのHatsumiさんと。
とても美しいお方である。
前にも写真を一緒に撮ったことがあるが、
わしの頭が異様にデカく見えるのは・・・彼女が小顔だからだ。
決してわしが西川のりおになったわけではないぞ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

チキンが来た

2007年02月12日 | Weblog
で、わしが2週間ほどウチを空けて、
帰ってきたら家族が増えてた。


「オカメインコ」だそうだ。


ヨメが親戚のところから預かってきたらしい。
ふつうのセキセイインコよりも体格が良くて、
なぜか頭の毛は立ってて、
頬に納豆パックのヤツみたいな丸がある。
冗談みたいなイデタチだ。

鳥なんてアホやと思ってたら、
実は猫よりも賢いんやって。ホンマかいな?!

わしは生まれてこのかたインコなんて触ったこともないのだが、
鳥っちゅうのは「なまぬるい」んやな。
足の爪は鋭いんやな。
けっこう甘えるんやな。

もともとヨメの親戚のところで飼われてたヤツなので、
「プリン」という名前が付いていた。
そんな名前は面白くないので・・・

さっそく「チキン」に改名してあげました。

だって、鳥でしょ?






コイツが噂のチキン。
わしのアタマの上がお気に入りの場所になってしまった。
ふざけやがって。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夢のリオデジャネイロへ

2007年02月04日 | Weblog
いつ以来やろ、このブログさわるの。。。
もともとズボラな人間ですから、放置もお手のもの。

まあいいや、どっこいアキラは生きてます。


さてさて、2007年いきなりのビッグイベント。
そう、地球の裏側に乗り込んできたのである。
ブラジル音楽のフィールドで活動する人間として、
かねてからの念願だったリオデジャネイロ行き。
このたび、ようやく実現しました。

ちょうど東京の音楽仲間がレコーディングで旅立つと聞きつけたので、
これはチャンスと思い、急遽乱入を決意。
けど、ここに鬼門があった。
ブラジルはビザが必要なのである。
ものすごく急に思い立ったので、旅行会社に取得依頼なんかしてられん!
こうなりゃ気合いだ、自分で動く。

まず航空券を手配し、銀行で残高証明をもらい、いざ領事館へ。
すると、発給は出発の当日になるとのこと。
超ツナワタリだが、なんとか間に合うのならOK。
ヨカッタ~!



1月11日。出発の日。
ちゃんとビザが下りてるかどうか、不安を抱えながら五反田のブラジル領事館へ。
引換証を手に窓口へ行くと、拍子抜けするぐらいあっさりとコトは終了。
やれやれ。
何はともあれ、これで書類関係はクリアやな。


これがブラジルのビザ。
自分で取得すると3500円で済む。
手間はかかるけど、結局は安く上げられたで。


今回のフライト、お世話になるのはユナイテッド航空。
他のブラジル行きメンバーはコンチネンタル航空にて1日前に出発したんやけど、
わしはマイレージの関係でスターアライアンス加盟会社に乗りたかってん。
距離が距離なので、ブラジル往復で日本国内の無料航空券がもらえるのだ。

わしのチケットは例によって格安で入手したのだが、
なぜか座席は1ランク上の「エコノミープラス」になっとる。
このクラス、シートそのものやサービス内容は普通のエコノミーと一緒やけど、
シートピッチに余裕があって、かなり楽だ。
そうは言っても、旅は長い。
ワシントンDC&サンパウロ経由で、延々30時間を超えるのである。
そりゃそうだ、なにしろ地球の裏側やもんなあ。

まず成田からワシントンDCまではボーイング777。
機内は満席に近い。
フライト時間は12時間ちょい。実はイギリスより遠いのだ。




機内で出された、不思議なおやつ。
「きつねらーめん」??
きつねどん兵衛のうどんの代わりに、麺がラーメンになったというシロモノ。
それにしても、この組み合わせはカッコよすぎる。
ラーメンに、バナナに、クッキーですか。。。


ワシントンDCで退屈な6時間のトランジット。
イギリス風のパブがあったのでビール飲んだり、
スタバで激甘モカ飲んだり、
ウェンディーズでカロリーてんこもりの巨大バーガー食うたり、
ていたらくに時間を潰す。

そしていよいよサンパウロ経由、リオデジャネイロ行きに搭乗だ!
今度はボーイング767。
機内のアナウンスが英語&ポルトガル語。
夜10時ごろ、凍てつくワシントンDCを離陸。
夜が明ければ、そこはブラジル!

ところで、
ユナイテッドのオーディオサービスには「From The Flight Deck」といって、
航空管制のやりとりを流しているチャンネルがある。
ヒコーキオタのわしは、もちろんこれを聞きっぱなし。
中南米では管制もスペイン語がメインで、
わがユナイテッド便をはじめとするアメリカの会社に話しかけるときだけ英語。
それも、よくこんなので理解できるなあ・・って思うほど訛りがスゴイ!



アマゾン上空まで来た。ブラジルだ!



ちょっとシェードを開けてみたら・・・
息を呑むほど美しいアマゾンの夜明け。


ヒコーキは一旦サンパウロに着陸する。
ここで2時間ちょいのトランジットを経て、
小1時間のフライトでリオデジャネイロ!



もうすぐ着陸。
アントニオ・カルロス・ジョビンも、
こんな景色を眺めながら「Samba Do Aviao」を書いたんやろか。


ヤバイ。泣けてきた。
夢にまで見たリオデジャネイロの風景が、今まさしくわしの目の前に広がっている。
もう言葉が出なくて、写真なんか撮れやしない。
サンバを聴きながらブラジルの夢を見てた、イギリスでの暗い冬の日々。
もう何年前やろ・・・とうとう来たのだ。わしの夢が叶ったのだ。



今回は仲間7人と、アパートを借りて雑魚寝だ。
こんなスタイルも久々やで。
元来わしは気合い系貧乏旅行派なので、
寝床が確保されとるだけでも十分アリガタイ。
窓からの景色、なんか南米しとるやないか(笑)


リビングに置いてあるクローゼットの上。
しっかり見守ってくれている。



到着したその日に、いきなりライブを観に行った。
典型的なリオデジャネイロスタイルのパゴージを演奏するCasuarinaってバンド。
パゴージらしく、ベースがいなくて7弦ギターが入ってる。
楽しかった!しかも店の雰囲気が最高!
この環境、ミュージシャンも気持ちいいに決まっとる!



仲間のレコーディングにベースで参加。
荷物を減らそうと安物のヘッドレスベースを担いでいったのだが、
そんな楽器のハンディなど関係なく、超ステキな音で録ってくれた。
ここの空気は何なんやろう。
音楽に生命を吹き込む何かが、この街には確かにある。



そのレコーディングスタジオからは、リオの旧市街セントロが一望のもと。
海側にはサントス・デュモン空港もあって、
わしの視線はそっちに釘付けだったのは・・・言うまでもないやろ(笑)
滑走路が短い上に、すぐ北側には橋、南側には例のポン・ジ・アスーカルがそびえ、
かなり空港としては土地の条件が厳しい場所だ。



リオデジャネイロといえばコルコバード。
ここを訪れないわけにはいかない。
当然ながら観光名所なので賑やかだが、時間さえ許せば1日中でも居たいぞ。
ここからの眺めは・・・リオが舞台の映画では定番ですね。



ブラジルで売ってるタバコの裏面には、写真入りの警告が載っているのだが、
これは笑った!
なんて素晴らしいセンス!!
けど、他のバージョンはちょっとヒクのも多い。
タバコの有毒性を証明するとして、ネズミとゴキブリの死体を載せたり、
摘出された真っ黒の肺を載せたり。
いくらなんでもやりすぎやろ。。。



ええ、当然でしょ。泳ぎましたよ。
イパネマでも、コパカバーナでも。
海岸沿いのスタンドでカイピリーニャを飲んでると、
どこからともなく大道芸人が現れる。
どいつもこいつもビックリするぐらいヘタだが(笑)
けど、別にいいのだ。イイ雰囲気を演出してくれているのだから。



やっぱり、コレはお決まりだ。
ブラジルに来たら、肉を食いまくらねば!
シュラスコ、滞在中に何回食べたやろ。。。
余計なソースがなくて、基本は塩味。
だから、どんどん食べられる。
そして、太る。


ホントは、もっと濃密な旅日記を書きたかったのだが、
今回はわし自身、リオデジャネイロって場所に足を踏み入れられたのが嬉しくて嬉しくて、
日記はおろか、写真も実はあまり撮っていない。
だから、2週間どんな行動をしたか、正確に書かれへんのよ(笑)

こんなに幸せな旅、今までにあったやろうか・・?
決して大げさではなく、生きててヨカッタ!
ものすごい活力をもらったような気がする。
ブラジル音楽って、こんな空気の中から生まれるんやもんな。

また絶対に来よう。今度はもっと長く滞在しよう。







リオを離れる日。雨が降ってきた。
別れを惜しんでくれているのかな・・?
ブラジルのフラッグキャリア、ヴァリグのMD11がお見送り。



またワシントンDCまで戻ってくると・・・なんと雪!
気温は氷点下2℃やって。ほんの10時間前まで真夏やったのに。



成田行きのフライトは北極経由。海は氷結している。
シロクマは・・・残念ながら確認できず(笑)



それはええんやけどさ・・・
飛行中の現在位置を示す「Airshow」、ブッ壊れてやがった。
しかも、このフライトでは航空管制の中継もやってへん。
なんて退屈な14時間。
酒を食らって、ひたすら寝る、寝る!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

とある安売りスーパーにて

2006年12月06日 | Weblog


絶対ウソやと思う。
だって、単純に計算してもおかしいやんか。
その両方が正しければ、品物は「4分の1」の値段になるはずやねんで。

そんなに安くしたら倒産するでしょ、おたく。




引っぱるだけにしてね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと得した気分に・・・なる?

2006年11月29日 | Weblog
おやつの定番といえば、ビスケット。
子供の頃から、わしはこれが大好きやった。


ダイジェスティブは絶対マクビティに限る。
クリームなしのやつを紅茶に浸しながら食うのも好きやけど、
やっぱり「おやつ」なんやし、甘い方がいいでしょ?

この、クリームを挟んであるタイプのビスケット。
昔から、わしにはお決まりの食べ方があるねん。



まず、ビスケット部分を片面撤去。この状態にする。
しっかりくっついてるバアイは、歯でハギ取るのもよし。



この作業が一番ムズカシイかもな。
クリームの付いたビスケットを半分に折る。慎重に、慎重に・・・。
ここで失敗すると、ビスケットが粉々になってしまうぞ。



んで、こうするワケだ。

ほら、クリーム2倍でおいしいでしょ?
得した気になるでしょ?
この技、ゴーフルなんかでも応用可(笑)





おやつばっかり食うとったら怒られるので、
ちゃんとしたメシも食うことにします。


冷蔵庫に転がってたレタスとサーモン。
まずサーモンはグリルであぶり、皮と骨を外してコッパミジン。
レタスもコッパミジン。

これをフライパンで軽く炒めておいてから、
中華鍋で玉子&ネギやきめしを手早く作り、そこに混ぜ合わせる。



出来上がり☆
ほとんどカネかかってへん割には、
なかなかウマソウやないか。

一人分のメシ、これでいいのだ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

のんきなモンだ

2006年11月25日 | Weblog
おかげさまで時間があるので、一人遊びしています。
朝から晩までPCの前に陣取り、
超オタク的な趣味、フライトシミュレータに夢中☆

・・・なんや、ただのヒキコモリみたいやないか。


けど、こんなことに没頭できるのも今だけやもんね。
好きに楽しむしかないやろ!
何とも贅沢な時間の使い方やわ。

それにしても・・・ネクラやなあ(笑)



着陸寸前(^_-)-☆ 
ボーイング737-700のハイテクなコックピット。



びゅーてぃふる♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Festa Alegria Brasil

2006年11月21日 | Weblog
@パシフィコ横浜 Grupo Mameluco



いや、ホンマ楽しかった!
ボーカルは日本で大活躍を見せるブラジル人アーティスト、Silvio Anastacio。
このSilvioとは前から知り合いやったけど、
実は一緒に音を出すのは今回が初めて。意外な気がするで。

共演メンバーもFrederic Viennot(Pf)Sirley Rossi(Perc)黒田清高(Dr)と来た。
そりゃ最高の音になるでしょ!

音楽的にも幅が広くて、現代的なハウスビートから昔ながらのサンバまで、
もうSilvioの世界やったわ。 最高!

また是非やりたいぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問答無用でウマイもの

2006年11月17日 | Weblog

なんかさ、見てるだけでシアワセになれるような黄金の組み合わせでしょ、これ。
冷凍庫をあさってたら、中華丼の具と餃子を奥から発見♪
中華丼は普通に解凍。餃子は普通に蒸し焼き。
B級グルメの真髄じゃ(笑)



夜バージョンはこちら。
スーパー銭湯に連行されたら、これを忘れてはいけません。






んで、
今日1日でカロリーをどれだけ蓄えたでしょうか・・・?
誰か計算してみてくださいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年ラストのフル稼働

2006年11月13日 | Weblog
ようやくゴルフのシーズンも終わりを迎え、
演奏屋&ホンヤク屋という二束のワラジ生活も、今年は今週まで。
今年はセンコー業まで引き受けてしまったので時間的にも厳しかったけど、
とりあえずは余裕が出来そうやな。

この週末は、シーズンの締めにふさわしく・・・とでも言うべきか、
土曜日&日曜日にライブ、土曜日の未明から3日連続の深夜作業、
そして月曜日は朝から夕方まで学校でセンコーである。
なかなかどうして、こうも集中するんやろうな。。。
けど、ライブは両方とも超ハッピー系なのでヨイ☆


まず土曜日。
RiSAKOさんというシンガーの後ろで、六本木のド真ん中で演奏してきた。
アルバム発売を間近に控えた新鋭のアーティストさんで、
堂々とした歌いっぷりが気持ちいいぞ。


わしの隣にいるのがRiSAKOさん。
この写真では座ってるのでよくワカランけど、実はわしより背が高い。
う~ん・・・もっとイリコ食べなアカンな、わしも(笑)




日曜日のライブは、毎度おなじみBem Brasilのイベントだった。
けど、いつもとは全然違うメンバーで、ブラジル人のボーカル、Sabrinaと初めての共演。
定番モノを中心に、小一時間のステージは一瞬で終わってしまう。
やっぱり演奏してて楽しいんよな、このテの音楽は。


このBem Brasilというクラブイベントは、それこそ何でもアリの世界。
こないだはガフィエラのダンサーが優雅にステージを舞っていたが、
今回はカポエイラ軍団の登場!
久しぶりに本物を見たけど・・・やっぱり、すごすぎる。
迫力が違うで、ホンマ!!



んで、深夜作業をこなしてから学校に向かう。
バシッと授業を行い、バシッと立ち飲みで酔っ払い、
シャキッっと電車に乗り、シャキッとウチに帰り、

・・・・さすがに疲れた。


そして、明日は某所にて写真撮影アリ。
どうか、顔に出ませんように・・・<m(__)m><m(__)m>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加