中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

蘇州 木読の霊岩山

2017-04-20 00:13:00 | <蘇州>生活

ちょっと天気の良かった日、木読の霊岩山へ出かけてきました。

そんなに高くない山なので気軽に登れます。

 

 

が。。ちょっと勾配がきつい所もあるので、

スニーカーで行くことをお勧めします。

 

 

登り口は2ヵ所あって、

こちらの庭園のある景区入り口(中山西路×霊天路)と、

 

 

ここから西の方へ5分ほど歩いた所(穹霊路)にある、

お寺の山門から入れます。

 

 

以前、庭園側は有料だったのですが、

無料で入れるようになっていました。

 

 

どちらから登っても同じ道に合流します。

せっかくタダではいれるなら、庭園側から登ります。

 

 

庭園には茶店もあります。

でも賑やかなのは山門側で、出店が穹霊路や参道に並んでいて、

観光地っぽい雰囲気になってます。

 

 

今の季節、天気の良い日は大勢の人がやってきます。

言葉を聞いていると、蘇州や近郊の人が多いようです。

 

 

山頂にあるのが霊岩山寺。

また、山頂花園は館娃宮の跡地だそうです。

春秋戦国時代に越から呉へ献上(政略的に)された美女、西施のために、

呉の王、夫差は霊岩山に館娃宮と呼ばれる御殿を造ったと言われています。

 

 

殆どの人はここがゴールです。

今回はお寺も公園もスルーして。。

ハイキングコースへ、一気に人が減ります。

 

 

尾根伝いに続く道は、白馬潤や天平山へ続いています。

 

過去記事:蘇州 白馬澗から山登り

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/53e2b7c82ab58343c397389d88e8583d>

 

 

白馬潤から霊岩山の手前まで、汗だくで歩いたのがもう3年近く前。。

霊岩山の急斜面を見て先に進むのをやめた覚えがあります。

月日が流れるのは早いなぁ。。としみじみ思いました。

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇州 耦園(ou yuan) | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。