中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

浙江省 舟山の朱家尖へドライブ

2017-05-18 00:04:44 | <浙江省>観光

少し前の話ですが、清明節の連休に普陀山へ行ってきました。

去年はバスで行ったのですが、今年は自分で運転です。

 

 

蘇州から普陀山行きの船に乗る、舟山の朱家尖までの距離は、

だいたい320kmぐらい。5~6時間の道のりです。

ちょっときついですが、自分で運転するなら日帰りも大丈夫です。

 

 

中国では、長期連休に高速道路が無料になる場合があります。

今年は、春節、清明節、労働節、国慶節が無料です。

もちろん時間帯によっては大渋滞になりますけど。。

今回は渋滞を見越して6時前に出発。朝はほとんど渋滞しません。

 

 

途中のサービスエリアで、休憩と給油で2回止まって、

朱家尖到着は11時過ぎ、まあこんなもんかなという感じです。

最近は電気自動車用の充電設備が設置されているサービスエリアも増えてきました。

 

 

G15瀋海高速道路 北岸サービスエリアの先に

嘉興市と寧波市を繋ぐ全長36kmの杭州湾大橋があります。

2008年に開通、開通当初は世界最長の海上橋でした。

 

 

寧波市を通り抜け、続いて寧波と舟山を島伝いに繋ぐのが、

岑港大橋、西堠門大橋、響礁門大橋、桃夭門大橋、金塘大橋。

 

 

これらを渡れば舟山に到着ですが、朱家尖は島の反対側なので、

舟山を端から端まで横断します。

ここからまだ1時間ほどかかります。

 

 

舟山を縦断し、最後に朱家尖海峡大橋を渡ると、

普陀山行きフェリー乗り場まではもうすぐです。

去年は瀋家門から船に乗ったので、今年は朱家尖から乗ってみます。

 

 

フェリー乗り場周辺の駐車場は広大です。

見渡す限り、車車車。。すごい。

それでもまだまだ停められます。

 

 

朱家尖には舟山空港もあり、普陀山観光のメイン玄関口になります。

また、車で訪れる人のほとんどが朱家尖にやってきます。

 

最近の旅行ブームで儲かっているのか、

フェリー乗り場周辺は新しい建物がいっぱい。

 

 

スターバックスやマクドナルド、康師溥などのチェーン店もあります。

簡単に食事をするならチェーン店をお勧めします。

理由は。。。

はっきり言って、この辺りの店はクソ不味くて高いから。

(高級レストランには入ってないので、庶民的な店でという意味で)

セルフサービスの食堂で、小黄魚(小さなイシモチ)を蒸したものが、

95元(約1500円)って言われたのが一番驚きました。

ここまでのぼったくり価格は今まで見たことがなかったです。。

 

 

普陀山の入園券とフェリーのチケットは、旅游集散服務中心で買います。

入園料は160元、片道のフェリー代が25元、保険が10元です。

 

 

フェリー乗り場は、旅游集散服務中心の隣です。

ここも新しく建て替えたのか、瀋家門と違って綺麗です。

チケット売り場もあるので、こちらでも入園券などが買えるかもしれません。

 

 

乗船時間は15分ほどです。

結構大きな船なので、乗船待ちの人が多くてもそんなに待たずに乗れると思います。

それでもチケット買うのに並んだりしていると、

普陀山に着いたのはお昼過ぎになってしまいました。

 

 

帰りの船の最終は、21時まであるので、午後からでも十分時間はあります。

車で行くと帰りの時間の心配がないのがいいです。

 

 

ただ、車で行く場合、高速道路が舟山に入ってすぐに終わってしまうので、

朱家尖まで下道を60kmほど走るのがちょっと辛いです。

中国にお住いの方ならよく分かると思いますが、

一般道はやっぱり神経使うので。。

国道だと一般道でも制限速度が90kmとかありますが、

信号もあるし車は飛び出してくるし、道路を横断する人もいるので、

それはそれで慣れないと結構怖いです。

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長春 長春駅北口にニセモノ... | トップ | 浙江省 普陀山 紫竹林禅寺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<浙江省>観光」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。