中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

長春 長春駅北口にニセモノ吉野家オープン

2017-05-11 00:08:00 | <長春>生活

長春駅北口は新しくて綺麗なのですが、

まだまだ南口に比べると人の流れは少ないです。

 

 

小さなスーパーや携帯ショップ、飲食店などが、

できては消えを繰り返す中、ついに”吉野家”がオープン!

今まで駅構内だけにあって、切符を持っていないと食べに行けなかったのが、

これで気軽に食べられる? と思って近づいてみると。。。

 

 

色使いと字体は似てるけど、何かちょっと違う。

漢字の”吉野家”はあるけど、”Yoshinoya”がないぞ。

中を覗いてみると、メニューの数も少ないし、これって。。

 

 

せっかくニセモノと確信できたからには、本物と比較しないと。

先ずは外観。

こちらは、長春駅構内にある本物の吉野家さん。

色使いやロゴは日本と同じです。

見比べるとすぐ分かるのですが、長春の中国人にはどちらが本物かは分からないでしょう。

 

 

比較しやすいように牛丼のセットを注文しました。

まずは、ニセモノ。28元です。

 

 

こちらが本物、セット内容は、ほぼ同じです。

キムチとコーラなどが付いてきます。

写真は3年ほど前のものなので、今は価格が少し上がっているかも。

 

 

牛丼をよく見ると、

本物は、お馴染みのつゆに浸った感たっぷりの、

玉ねぎと牛肉、うん美味しそう。

 

 

ニセモノには、カリフラワーやニンジンが乗ってます。

健康志向? 肉は牛肉です。

丼の柄だけは合わせてきましたが、味は全然違います。

牛肉と玉ねぎを油たっぷりで炒めた感じ、それでいて微妙に薄味。。

見た目はパクッても、味はオリジナルで勝負みたいな潔よさ??

 

 

でも、器をよーくみると。

ハングルだよ。。

 

 

そのうち、吉野家も韓〇発祥って言い出したりして。。

 

最近、長春にいる時は、仕事に追われて(大したことしていないのに)

どこへも遊びに行ってません、週末は買い物や掃除と洗濯。

本当に長春ネタがなくて困っていた時に、ニセモノ吉野家オープン。

助かりました。

もう二度と食べに行くことはないと思いますが。。

興味のある方は早めに行かないとすぐ潰れますよ

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇州 お散歩 健身歩道(蛇... | トップ | 浙江省 舟山の朱家尖へドライブ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
偽物 (tango)
2017-05-12 07:49:39
本当にびっくり!
長春のほうまで・・食べ物屋さんまで・・
私は上海くらいで偽物は流行っているのかも、というより
当たり前なのかと<?>思っていました
私は吉野家の店に入ったことはないので
味がよくわかりません
昔中国でかばんを買うとき、中国ブランドビトンバッグ
これは本物と店の方が言う意味が分かりませんでした
中国で作っているからビトンでも偽物でなく
チュウゴクビトンで本物だと???
とても面白い表現というか買って理解だということが
後でわかりました
未だに高い買い物になりましたペンダントや印鑑の
ほったものはおいています
まぁ6000円くらいの猫目石の光ペンダントを
お土産に買いましたが・・・
大きい失敗?中国ではそれからはものを買わなくなりました。景色は良いのに~~~
re:偽物 (delta)
2017-05-12 12:34:37
tangoさん

偽物は未だにたくさんあります。
店名やブランド名は、中国で先に商標登録されて、
法的には本家が中国国内で偽ブランドになってしまうという笑い話も多いです。

韓国系や台湾系のパクリも結構あります。
有名なのは、メイソウという100均のようなお店で、
ダイソーのライバル?になってます。

でも、最近の中国の若い人は、自分達で偽ブランドやパクリデザインを見つけて、
ネット上で吊し上げるようなこともやってます。

高級ブランドは直営店で、
宝石や貴金属は、その地で昔から商売している老舗で買うのがよいでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。