中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(石路~平門橋)

2018-02-08 00:09:00 | <蘇州>生活

環古城河健身歩道の、石路の西中市から平門橋(人民路)の間を

歩いてみました。(写真は秋ごろのものも混ざってます)

 

 

スタート地点の石路の西中市にあるのが阊門です。

阊門は蘇州八城門のひとつで、最初に造られたのは春秋時代と言われています。

現在残っている門は元代に造られたもののようです。

 

 

環古城河健身歩道は、川沿いに新しくできた北埠頭の中を通って行きます。

新しくといってもできたのは2015年で、ここにくるのは2年半ぶりぐらい。。

 

 

過去記事:蘇州 北埠頭(まだ工事中)

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/f41e53c53a6e8a3d02b8eb5a40bd7e3a>

 

民国風建物の雑貨屋さんやレストランが並んでいて、

ちょっとだけお洒落な雰囲気もあるのですが、

やっぱり観光客は対岸の山塘街へ流れるみたいで、

思ったほど人通りは増えてないです。

 

 

北埠頭はまだまだ拡張するようで、

蘇州市立病院北区が見えるあたりは工事が続いています。

ここを過ぎると見えるのが、清塘路の恵済橋です。

 

 

清塘路から平門の間は人通りも少なくなってとても静かです。

観光客もいないので健身歩道らしさ?に戻ります。

 

 

この辺りから前方に蘇州駅が見え始めます。

 

 

駅に近づくと現れるのが平門です。

平門(巫門)も蘇州八城門のひとつですが、

1958年に取り壊され、現在の門は2012年頃に再建されたものです。

 

 

河を挟んで対面にあるのが蘇州駅の南口です。

私が初めて蘇州を訪れた時は、街外れにある汚い小さな駅で、

いつも切符を買う人で溢れかえっていました。

あのころは中国で鉄道に乗るなんて絶対に無理。。と思ってました。

今の姿になったのは2010年頃、南口が完成したのは2013年です。

 

 

目の前に駅があるのですが駅に行くには、

人民路の平門橋を渡って行くしかないのでかなり遠いです。

 

 

ゴミ掃除の船のおっちゃんが、10元で対岸まで行ってあげるよ。

なんて言うこともありますが乗っちゃダメですよ。

 

 

今回のゴール、平門橋からはきれいな夕日を見ることができます。

 

 

環古城河健身歩道を一周するまで、

残るは平門橋から婁門までの区間だけになりました。

たぶん、行くのは春になってからかなぁ。。

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇州 園林の雪景色(芸圃と... | トップ | 中国 新ルールで銀行口座開設 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きれいな夕日 (tango)
2018-02-09 13:23:20
もう昔と違って私の頭の中には蘇州のイメージも
崩れかけとぃます
最近上海・蘇州・・3泊4日で1万9900円
諸雑費:もろもろ・・
安い費用で団体旅行が出ています
夕方から福岡を出ていき、ちょっとだけ観光?
全部いったところであまり魅力がない
<delta>様の紹介場所でなく、、私が
過去に行きましたありきたりのとところばかり?
それなら日本の日帰りのほうが楽しめそう・・
それでもまだまだ予定が立てられません
4月22日に稚内を申し込みしていますが
キャンセルになってもよい期間まで待っています
なにしろ、1泊2日が難しいのですからね!!
ベトナムを見たり、シンガポーロを見たり・・
夢を追っています!
4月末には孫姫たちが引っ越しますが、運が
悪いと、引っ越し先まで手伝いになることも
考えられます(^^♪
保育園に入れるかどうか・・
国内でも<日本死ね・・>と言われるくらい
入園が難しいのですよ・・・
re:きれいな夕日 (delta)
2018-02-10 11:43:51
tangoさん

1万9900円。。
そんなに安いのですね、このツアーに参加して途中で脱走したい。
本気で思ってしまいます(笑)

蘇州のGDPは中国の他の大都市と肩を並べるぐらいに発展しています。
本当にずいぶん変わりました。
でも上海や北京に比べると小さな小さな街で、
そこがまたお気に入りの理由のひとつです。

保育園の入園、相変わらず難しいのですね。。
中国ではマンション(団地)の敷地内に保育園があったりしますので、
特別な教育を受けさせたいと思わない限り誰でも入園できます。
基本、夫婦は共働きなので、
祖父や祖母が孫の面倒を見るパターンが多いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<蘇州>生活」カテゴリの最新記事