中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

中国 新ルールで銀行口座開設

2018-02-15 00:16:00 | 小ネタ

昨年の夏ごろまでは、外国人でもパスポートさえあれば、

簡単に銀行口座を開設することができました。

※銀行の支店の写真と記事の内容は一切関係ありません※

 

 

10月以降は口座開設が難しくなっているとの情報を得ていましたが、

メインで使っている口座とは別にスマホアプリでの決済に使う口座を作りたくて

トライしてみることにしました。

 

 

余談ですが、今はもう中国在住の日本人の間でもスマホ決済が当たり前になってます。

(少なくとも私の周りではそうです)

例えばお昼ご飯を食べに行った場合、誰かがまとめてスマホで支払い、

他の人は支払った人にスマホで送金みたいな。

皆さんのスマホには支付宝(アリペイ)とWechatは、ほぼ必ず入ってます。

 

 

ただし、これらの決済を利用するためには、必ず実名登録が必要で、

私は、何となく嫌だな、怖いなという思いもあって、

時代遅れの現金払いを続けてきましたが、

もうそんなことを言っている場合じゃなくなってます。。

公共交通も既にスマホで乗る時代になってます。

 

 

でも、やはりメイン口座やネットバンク口座と別にして、

リスク回避で少額だけ入れておくスマホ決済専用口座を作っておくべき。

という訳で、手続きが面倒になってからの新規口座開設。

正直に言って、面倒になる前にやっておけばよかった。。

 

銀行によって口座開設時に要求される証明書などが変わります。

また、支店によって難易度も変わります。

 

 

工商銀行で要求されたのは、パスポート、中国で住んでいる場所の証明、

中国で働いている証明、個人納税識別番号。

 

居留許可証の提示では認めてもらえません。

工商銀行のハードルはかなり高いというか面倒です。

おそらく、中国での居住地や勤務地以外の支店では口座開設は無理そうです。

工商銀行は2支店回りましたが、要求事項は統一されているようで、

必要書類さえ揃えれば、後はスムーズに手続きできる気がします。

 

 

建設銀行で要求されたのは、パスポート、個人納税識別番号。

こちらは、必要な証明書類は少ないですが、

居住地以外の支店で作ろうとすると拒否される可能性はあります。

 

建設銀行は3支店回りましたが、支店ごとに対応が違いました。

特に納税識別番号については、

1.「中国の個人納税識別番号を持ってこい」という支店

2.「日本の個人納税識別番号を持ってこい」という支店

3.「中国と日本と両方持ってこい」という支店

 

3.の支店については明らかに面倒くさいのか、やり方が分からないのかどちらかで、

絶対手続きしたくないオーラ全開でした。

 

ところで個人納税識別番号って何?

銀行に聞いても誰も明確な答えは出してくれません。。

中国で働いているなら中国の納税番号があるハズだとも言われます。

また、申請書類には”納税識別番号がない国の人”という選択肢が存在していますが、

これを選択することは何故か許されません。

 

 

おそらく彼らは面倒な手続きをしたくない、

断る理由を見つけたいと思っているので、これはもう余計なことを聞かずに

個人納税識別番号があるかと言われたら、番号があるとだけ答えて、

マイナンバーを使うのが最も手っ取り早いと思います。

下手なことを言うと上記の1か3の対応になる可能性ありです。

最終的に2の支店で口座を作りました。

 

中国銀行は過去に口座を作った時や相談事でも親切に対応してくれたので、

もしかすると中国銀行に行ってみるのも良いかもしれません。

ただ残念なことに、口座開設が面倒になった同じタイミングで、

1銀行につき1口座しか作れないというルールもできたので、

私の場合は、別の銀行で作るという選択肢しかありませんでした。

 

また、昨年末に銀行を回って情報収集したのですが、

1月以降は少し手続きが簡素化されると工商銀行の人は言っていました。

(実際に開設したのは1月、でもその時は何も変わっていなかったけど)

今はもしかすると、もう少し開設しやすくなっているかもしれません。

でも、さすがに以前のようにパスポートだけあればOKとはならないはずです。

 

どの銀行の支店に行っても共通していたのが、最初もしくは最後に

「うちの銀行は手続きが面倒だから別の銀行に行った方がいいよ」

と言われることでした。。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(石路~平門橋)

2018-02-08 00:09:00 | <蘇州>生活

環古城河健身歩道の、石路の西中市から平門橋(人民路)の間を

歩いてみました。(写真は秋ごろのものも混ざってます)

 

 

スタート地点の石路の西中市にあるのが阊門です。

阊門は蘇州八城門のひとつで、最初に造られたのは春秋時代と言われています。

現在残っている門は元代に造られたもののようです。

 

 

環古城河健身歩道は、川沿いに新しくできた北埠頭の中を通って行きます。

新しくといってもできたのは2015年で、ここにくるのは2年半ぶりぐらい。。

 

 

過去記事:蘇州 北埠頭(まだ工事中)

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/f41e53c53a6e8a3d02b8eb5a40bd7e3a>

 

民国風建物の雑貨屋さんやレストランが並んでいて、

ちょっとだけお洒落な雰囲気もあるのですが、

やっぱり観光客は対岸の山塘街へ流れるみたいで、

思ったほど人通りは増えてないです。

 

 

北埠頭はまだまだ拡張するようで、

蘇州市立病院北区が見えるあたりは工事が続いています。

ここを過ぎると見えるのが、清塘路の恵済橋です。

 

 

清塘路から平門の間は人通りも少なくなってとても静かです。

観光客もいないので健身歩道らしさ?に戻ります。

 

 

この辺りから前方に蘇州駅が見え始めます。

 

 

駅に近づくと現れるのが平門です。

平門(巫門)も蘇州八城門のひとつですが、

1958年に取り壊され、現在の門は2012年頃に再建されたものです。

 

 

河を挟んで対面にあるのが蘇州駅の南口です。

私が初めて蘇州を訪れた時は、街外れにある汚い小さな駅で、

いつも切符を買う人で溢れかえっていました。

あのころは中国で鉄道に乗るなんて絶対に無理。。と思ってました。

今の姿になったのは2010年頃、南口が完成したのは2013年です。

 

 

目の前に駅があるのですが駅に行くには、

人民路の平門橋を渡って行くしかないのでかなり遠いです。

 

 

ゴミ掃除の船のおっちゃんが、10元で対岸まで行ってあげるよ。

なんて言うこともありますが乗っちゃダメですよ。

 

 

今回のゴール、平門橋からはきれいな夕日を見ることができます。

 

 

環古城河健身歩道を一周するまで、

残るは平門橋から婁門までの区間だけになりました。

たぶん、行くのは春になってからかなぁ。。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蘇州 園林の雪景色(芸圃と環秀山荘)

2018-02-01 00:10:00 | <蘇州>観光

先週の蘇州はたくさん雪が降りました。

江蘇省全体でも大雪の降った所が多く、空の便や高鉄にも影響が出ました。

 

 

蘇州では、雪が積もるのは滅多にないことなので、

雪の積もった園林を見に行くことにしました。

 

 

だいたい蘇州人の考えることも同じで、

こんな時でも拙政園や獅子林、留園は絶対に混んでるはず。。

という訳で、きっとそんなに混んでいることはないであろう、

芸圃と環秀山荘に行ってみました。

 

 

芸圃は2000年に世界遺産に登録された庭園ですが、

細い路地を入っていく場所にあるので、団体客が訪れることはあまりありません。

 

 

ここはとても好きな庭園のひとつです。

芸圃の過去記事はこちら

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/138b3a33e2a30df8d48ab20e79dccfbe>

 

でも、今回は今まで私が訪れた中で一番人が多かったです。。

しかも若い人がほとんど。

みんなSNSにアップする写真を撮りにきてるのでしょうか。

 

 

人が多いと思い通りに写真も取れないしなぁと思っていたら、

みんな目的がたったひとつ”雪の写真を撮ること”のせいもあるのか、

普段より譲り合いみたいなことも結構見かけました。

 

 

もちろん、ここで写真を撮りたいなとみんなが思って、

場所が空くのを待っているのに、

ひたずら、変なポーズを取り続ける方もいらっしゃいましたが。。

 

 

雪景色を眺めながらお茶を飲むのもきっといい感じでしょう。

普段ならここでお茶を飲んでいるのは、

おじいちゃん、おばあちゃんばっかりなんですが。

 

 

次は、芸圃から歩いて10分ほどの環秀山荘へ

環秀山荘も1997年に世界遺産に登録されています。

 

 

こちらは普段通り人は少なかったです。

芸圃から環秀山荘へとまったく同じ行動パターンの人もいて、

お互い顔を見合わせて思わず笑ってしまいました。

 

 

ここでは静かに雪の庭園を眺めることができました。

環秀山荘の過去記事はこちら。

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/b56dbd8f5654e4beff290c78f9a41189>

 

 

小さな庭園なので、見所がたくさんあるわけではないですが、

木や建物に積もった雪、築山に積もった雪はとても綺麗です。

 

 

ちょっといまいちに見えるなら、すみません、それは私の写真のせいです。。

もし観光で蘇州に来られて雪が降っても、

寒さにめげず、是非、園林へ足を運んでいただけたらと思います。

 

 

蘇州を訪れるようになってもう10年以上たちますが、

たくさん雪が積もった園林を見ることができたのは初めてです。

次の機会には王道の拙政園や滄浪亭に行ってみようかと思います。

でも次のチャンスはいつ来るのやら。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

上海 公寓(gong yu)を借りてみる

2018-01-25 00:08:00 | <上海>生活

上海市の中心部で、数か月間ぐらいという中途半端な滞在期間で

安い宿舎を探すのは少々苦労します。

 

 

ホテルだと高いし、アパートも短期契約となると

物件が絞られるし借りられても割高。

ガス、電気の支払いやネットなどの契約もちょっと面倒くさい。

実際住んでみて嫌だと思ってももう変えられない。

 

そんな時に”公寓”と呼ばれる、

ウイークリーマンションのような宿舎の選択肢もあります。

基本的な家電製品や調理機器は全て揃っています。

 

 

この”公寓”もはっきり言ってピンキリで、

食事の提供からスポーツジムまであるような高級公寓から

(日本人の駐在者の方などが利用されています、羨ましい)

学生さんが使う、風呂トイレ共用みたいな所まであります。

 

上海の中心部、租界と呼ばれていた場所には、

すごく古いアパートがたくさんあって、

大家さんがこの部屋を公寓として貸し出しています。

管理会社と提携して貸しているパターンが多く、ネット予約もきます。

表通りからは分かりにくいこんな路地にも

アパートやちょっとお洒落なカフェがあったりします。

 

 

古くても外観が綺麗な公寓は、

3つ星から4つ星クラスのホテルと料金は大差ありません。

でも、こんな外観の建物だとすごく安くなります。

階段は木製でかなり急、夜は電気が付かないと真っ暗。。

 

 

外観や階段はボロでも部屋の中はとても綺麗でした。

部屋のドアは電子ロックで暗証番号入力で開錠します。

ネットはWiFiが付いてます。

 

 

小さな部屋なのでシャワーしかないですが、

洗面所とトイレもこれなら大丈夫そう。

お湯はガスなので24時間いつでもすぐに使えます。(水量は少ないけど)

 

 

小さなベランダに置かれている洗濯機はSANYO。

(三洋ブランドだけど、今はもう中国企業が製造販売)

 

 

今回、このような宿泊施設があるということは書きましたが、

安全面を無視することはできないので、

外国人が中国でこんな安い公寓に宿泊するのはお薦めしません。

同じアパートの住人とのコミュニケーションが必要な場合もあります。

欧州なんかでこんな所に滞在している人は旅の達人みたいに言われるのでしょうが。。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

蘇州 西北料理 西貝

2018-01-18 00:07:00 | <蘇州>食事・喫茶

お店の正しい名前は西貝莜面村(xi bei you mian cun)で、

中国各地に展開している西北料理(西北菜)のチェーン店です。

 

 

蘇州新区の緑宝広場にあるお店に行ってきました。

結構人気のある店で、食事時には行列になります。

 

 

大西北は新疆や内モンゴルなど回教と呼ばれるイスラム教徒の多い地域なので、

牛肉や羊肉を使った料理がメインです。

待っている間に注文しやすいようにするためか、

大きなメニューが店の外に出ています。

 

 

やっぱり羊肉が一押しのようです。

 

 

でも羊はちょっと。。という方にお勧めなのは牛大骨。

重さで注文します。1斤(約500g)で43元。

よく煮込んであるので肉はとても柔らかく、骨からすぐ取れます。

 

 

この店のニラと卵の餃子、莜面蒸餃は結構好きな味です。

皮はなんだろう、普通とちょっと違ってもっちりしています。

 

 

莜面魚魚羊肉湯は、魚が入っているわけではありません。

魚魚湯とは、ジャガイモ練ったものを小魚のように細長くちぎって、

スープに入れる料理のようです。

 

 

橄欖油三種蘑菇は、きのこのオリーブオイル炒めです。

メニューに書かれている通り3種類入ってます。

あまりオリーブオイル感はないですが、とても食べやすい味で気に入りました。

 

 

肉夹饃もイスラム教徒の多い地域の食べ物ですが、

どこでも見かける中華バーガーです。長春でもよく見かけます。

イスラム教徒のお店なら具材は羊肉や牛肉を使いますが、

それ以外なら豚肉や叉焼などを使っていたりすることもあります。

 

 

葱香烤魚は高温の油で焼いたか揚げてあるのか、皮がパリパリになってます。

鉄板に乗って出てきて火もつけますが、

既に火は通っているのですぐ食べられます。

淡水魚はちょっと苦手なんですが、これなら大丈夫。

 

 

烤羊腿はお店一押しのひとつ。なのでとりあえず発注。

こちらも鉄板で出てきますが既に火は通っています。

ハーフサイズで頼んだので、メニュー写真のような大きな骨はついてません。

でも半分でも十分すぎる量です。

肉自体に濃い味付はされていませんが臭みはほとんど感じません。

唐辛子などが入ったスパイスを付けて食べます。

 

 

口直しやデザートにちょうどいいのが黄米凉糕。

黄米は粟の一種です。

もち米の上に黄米が乗っていて、中にはナツメや干しブドウが入ってます。

しつこい甘さはありません、さっぱりしています。

 

 

だいたいいつも人が並んでいてスルーしてしまう西貝だったのですが、

確かにまた行ってみてもいいかと思えるお店でした。

値段がすごく安いという店でもないので、

蘇州の人達も味が気に入って並んでいるのでしょう。

勝手な想像ですが、”西北”と”西貝”は四声が違うだけで

読み方が同じなのでこの店名を付けたのでしょうか。。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加