Moments musicaux

Moments musicaux、楽興の時、すなわち音楽的瞬間。それを享受し、探求する日々の記録。

1月13日(日) モンポウ祭 at 雑司ケ谷音楽堂

2013年01月13日 | コンサート


1月13日(日)に、雑司が谷音楽堂にて、知る人ぞ知るスペイン(カタルーニャ)の素敵な作曲家、フェデリコ・モンポウのピアノ音楽を楽しむ長大なイベントが催され、プロ・アマ問わず数多くのピアニストが出演します。私も、モンポウ・ファンの1人で、これまでも好んで弾いてきましたが、今回、企画の笹倉さんから熱心にゲスト出演のお誘いをいただき、モンポウの珍しい小品「橋(ムンジュイックの橋)」でトリを務めさせていただきます。詳細はこちら。出演時間など詳しいこと分かりましたら追って掲載いたします。]
私の出演はトリで18:00過ぎ頃の予定です(1/3追記)
なお、当作品は楽譜が日の目を見たばかりであり、調べた限りでは、日本初演となる可能性があります。

プログラムノート
私の大好きな作曲家、モンポウの音楽を味わう集いで、ゲストにお招きいただきましてありがとうございます。静寂を慈しみ、余韻から立ちのぼる微かな倍音の重なり合いに耳を澄ませる、モンポウの限りなく繊細な音楽世界は、こっそりと一人だけで味わっていたい気もしますが、今日、同好の士である皆さんとともに浸る喜びも、おそらく格別のものになると思います。
今日弾かせていただく「ムンジュイックの橋 El Pont de Montjuic」(1941-47)は、モンポウが、のちに妻となる恋人カルメン・ブラーボとの「初めての散歩の思い出に」作曲したピアノ小品(生前未出版)です。モンポウとしてはロマンティックな作品ですが、その哀愁漂う旋律は一度聴いたら忘れがたいものです。当初モンポウはこの曲を「風景 Paisatges」の第2曲として構想していましたが、結局「湖 El Llac」に差し替えて破棄してしまいました。のちに、カザルス生誕100年に際して、モンポウはこの楽想を転用し、「橋 El Pont(チェロとピアノのための)」(1976)として発表しました。ピアノ版は、2010年にようやく楽譜が出たばかりで、私の調べた限りでは、今回の演奏が日本初演になるのではないかと思います。(内藤 晃)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月6日(日) ニューイヤーコン... | トップ | ピアノの状態と椅子の高さ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。