民話 語り手と聞き手が紡ぎあげる世界

語り手のわたしと聞き手のあなたが
一緒の時間、空間を過ごす。まさに一期一会。

「大放言」 その3 百田尚樹

2017年06月14日 00時01分05秒 | 雑学知識
 「大放言」 その3 百田尚樹  新潮新書 2015年

 「言葉狩り」の時代 その1 P-10

 いつの頃からか、日本人はその言葉の裏にある真意よりも、表面上の言葉にだけ反応するようになった。典型的なのが、昭和50年代に起きた一連の言葉狩りである。
 もともとは差別に抗議する団体が中心になって行った運動がきっかけだったが、やがてそれは社会全体を飲み込み、巨大な力となった。

「その言い方は差別だ!」「その表現は許さない!」とメディアや世論が大合唱して、多くの表現者や作品を追い込んだ。国民的作家である司馬遼太郎氏の『竜馬がゆく』の中の「ちょうりんぼう」という言葉が差別語であるとして、司馬氏は部落解放センターに呼び出されて糾弾された。幸い『竜馬がゆく』は絶版にはならなかったが、問題とされた言葉は修正されることになった。江戸時代の物語であるのに、当時使われていた言葉(歴史用語)が使えないというのは不合理極まりないが、それほど糾弾は激しかったということだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大放言」 その2 百田尚樹 | トップ | 「大放言」 その4 百田尚樹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。