民話 語り手と聞き手が紡ぎあげる世界

語り手のわたしと聞き手のあなたが
一緒の時間、空間を過ごす。まさに一期一会。

「大放言」 その16 百田尚樹

2017年08月14日 00時01分43秒 | 雑学知識
 「大放言」 その16 百田尚樹  新潮新書 2015年

 隠れている自分は自分ではない P-31

 しかしそれでも「いや、自分は周囲にまだ本当の姿をみせていない。だから、皆、本当の私を知らないのだ」と反論する向きもあろう。

また「本当の気持ちは違うのに、うまく発言できなかったり、うまく行動できないために、誤解されてきた」と主張する人もいるかもしれない。あるいは「ふだんの日常生活では敢えて本当の自分を出さずに生きてきた」と主張する人たちもたまにいる。

 しかし敢えて言う。それでも周囲の人はあなたを誤解していない、と。
「本当の姿を見せていない」以上は、周囲の人には「本当の姿を見せていないあなた」が「本当のあなた」の姿なのだ。残酷なようだが、うまく発言できないで他人を傷つけてしまったり、本心と違う行動を取ってしまって誤解されることが多くても、それが「あなた」なのだ。

 人は他人の心の中まで見えない。また人前で発揮しない能力は誰も認めてくれない。あなたは話すことができない赤ちゃんではない。まして猫や犬ではない。赤ちゃんなら母親が、ペットなら飼い主が、一所懸命に「この子は今、何を考えているのだろう」と気を配ってくれる。しかしあかの他人は、あなたの内心や隠れた能力にまで気を配ってはくれない。

 自分の本心を出さずに生きてきたという人は、その出さずにいる姿が「本当の姿」なのだ。これは逆に考えてみればすぐにわかる。一度くらい痴漢してみたいなという願望を持っていても、それを押さえ込める理性と良識があれば、その人は変態ではない。ビジネスや酒の席で「こいつ、殴ってやろうか」と思う相手がいても、そういう衝動をきっちりと押さえ込める人は暴力的な人ではない。

 つまり人が評価されるのは、その人がふだん何を言い、どういう行動を取っているかということなのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大放言」 その15 百田尚樹 | トップ | 「大放言」 その17 百田尚樹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑学知識」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。