民話 語り手と聞き手が紡ぎあげる世界

語り手のわたしと聞き手のあなたが
一緒の時間、空間を過ごす。まさに一期一会。

「葬式は、要らない」 その2 島田 裕巳

2017年07月11日 00時49分08秒 | 生活信条
 「葬式は、要らない」 その2 島田 裕巳(ひろみ)1953年生まれ 幻冬舎新書 2010年

 葬式無用の主張 その1 P-22

 白洲は大の車好きで、大正時代、イギリス留学時には、高級スポーツカー、ベントレーを乗り回した。そこにはモダンでスマートだった白洲の生き方が示されている。
 その白洲が死の五年前に残した言葉が、
「一、葬式無用
一、戒名不用」
 であった。

 これが彼の遺言のすべてで、生前の白洲は、知りもしない人間が義理で葬式に来るのを嫌い、正子夫人には「葬式をしたら化けて出るぞ」と脅かしていたという。
 無駄なことはしないという白洲の合理主義は、留学先のイギリスで培われたもので、彼は宗教も嫌った。結婚式も、神社ではあげず、京都のホテルに親族を20人ほど集めて行った。

 白洲の葬儀は、遺言どおり遺族が集まって酒盛りをしただけだった。正子夫人が亡くなった際も葬式や告別式は行われなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「葬式は、要らない」 その1... | トップ | 「葬式は、要らない」 その3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活信条」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。