秋生のEtude

音楽も映画も舞台も大好き!トキメキと感動を求めて、思い立ったらGO!
好き勝手気ままな雑多ブログへようこそ!!

中川晃教 CONCERT2010 『音楽が消えることのないDANCE FLOOR』

2010年05月16日 21時17分29秒 | こっち向いてアッキー
SHIBUYA-AXでライブ・・・と聞けば、当然あの2006年夏の『LIVE!METAL MACBETH』が頭をよぎるのは・・・私の場合は必然です。

がっ!!
・・・FCからのお知らせをよくよく読むうち、え~~っ?スタンディングじゃない??
しかも、チケットが送られて来て席を確認したら、ええっ?これってどこ???
と、いったいどうなるのだろうという不安と期待で迎えたこのライブ。
こんな“ライブ会場”然とした場所でのライブは昨年春の赤坂BLITZ以来でした。



中川晃教 CONCERT2010 『音楽が消えることのないDANCE FLOOR』 2010.5.15(土) 18:00開演  SHIBUYA-AX


中川晃教  鮫島巧(Guitar)  日野"JINO"賢二(Bass)  アーミン・T・リンツビヒラ(Drums)



薄暗い場内へ入ると、いつもと違う空気が流れていました。う~ん、これはまさしく“ライブ会場”の雰囲気
心配していた席は、後方ながらある意味とっても“良席”でした
そして、25分くらい遅れて始まったライブ!!
まずはステージ上に映像が流れ・・・あれ?これってLIVE ACTと同じ感じ?
素敵な映像でした。・・・なにか、想像力をかきたてられるような
アッキーは細い黒のレザーパンツに黒のタンクトップ、そしてゴールドの長めのパーカー?それともウインドブレーカー?(あとからはシルバーに見えたので・・・あれは照明のせいかな?)で登場。

・・・久々に本当にノリノリのライブでした!!
いつもがそうじゃない、というのではなく・・・ここのところ続いていた“プラグレス”ではないライブ。

一言で言ってしまえば・・・

マジ、カッコいい!!ライブでした!!
弾けてノリノリでファンキーでパワフル。音の作りが本当にめちゃくちゃカッコいい。
そう。いつもはこちらもなんだか気はずかしくて・・・アッキーもなかなか盛り上げることがむずかしい感じなのですが・・・座る席はあったものの・・・自然と身体が立ちあがりたくなって、手拍子を刻み、こぶしを突き上げたくなって、そして一緒に歌いたくなりました。
で、実際・・・そうしてたんですよね。気がついたら
うわ~~っ!!・・・アッキーの曲って本当にアレンジと楽器でこんなに変化するのか、とびっくり。
そして、それを盛り上げるような照明の切り替えもグー。
途中、アッキーの後方から客席に向かって光が当たるとことか、まるで後光に包まれた“人以上のもの=神”のように見える場面とか(この照明の使い方って、すっごく好きです)
ステージバックの映像も効果的。

印象に残っているのは「光秀のテーマ」実は、個人的にはあの舞台『女信長』の中で、一番カッコいいと思っていた曲。やっぱり・・・カッコいい!!
「BRAND」は、すごく好きな曲。でも同時にすごく難しい曲だと思ってます。
それを、こんなふうに歌われたら・・・それだけでトキメいてしまう
超久々に聴いた「SELLA」は、あのスピード感がいいですね。あ~すっごくライブっぽい感じ

今回、なんと☆ペンライトの販売がありました(500円)
250本限定販売、ということでついつい買ってしまいました(“限定”に弱いのです)どの辺で使えばいいのかと、悩んでいたらやっと使用できる場面が!!
「FLY」ああ、これもまさしくライブっぽい(笑)
アッキーはジャ○ーズのライブを見て「これだっ!」と思ったそうで(笑)
確かに一体感があって、いい感じでしたよ。
ただ、ステージ上で一緒にそのペンライトを振っていたアッキー「あれれ?これ、どうやって消すんだろう?」・・・という場面もあり・・・ははは・・・こういうところが、アッキーのかわいいとこだわね~
そして、この日のための新曲「音楽が消えることのないDANCE FLOOR」
・・・なかなかよかったです。あれ?でも、このメロディーライン・・・なにかの曲に感じが・・・似てる。思い出せないけど。
「マタドール」でカッコよく締め。
そしてアンコールは「Shape of My Love」をまたまたみんなで!?
スタンディングしていたせいか、いつもより声は出せたような気がしますがアッキー、あの「ダンシングクイーン」以来、このパターンがお気に入りみたいですね。
その後、まさかの機材トラブル?で、MCでつなぐアッキー。
そして再度「音楽が消えることのないDANCE FLOOR」
ラストの一曲は、鮫島くんと二人で「I say goodbye」
途中、鮫島くんのギターも音が消え、アッキーのアカペラに
う、うわっ・・・トリ肌が立ってきた
はぁ~・・・なんだかね、自然と涙がこみ上げてきて・・・
ああ、本当にアッキーの歌声ってすごい
一瞬にして連れていかれる・・・この感覚。
いや~本当にカッコよかった!!

・・・この歌声を聴くたびに、私はこの歌声に何度でも恋をし続けるだろうな
そんなふうに思えた夜でした。




【セットリスト】

1. 小さな愛
2. この世界より大きく小さな愛
3. 光秀のテーマ
4. Just Call My Name
5. Stereo Voice
6. COUNT UP MY LOVE
7. BRAND
8. White Shiny Street
9. I WILL GET YOUR KISS
10. I Have Nothing
11. Miracle of Love
12. Love Never Dies
13. SELLA
14. China Girl 2010
15. FLY
16. 音楽が消えることのないDANCE FLOOR
17. マタドール

(アンコール)
Shape of My Love
音楽が消えることのないDANCE FLOOR
I say goodbye



『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切り替え | トップ | 光の宴 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動、とり肌、そしてまた感動 (Emily)
2010-05-16 23:12:57
私にとって1年ぶりのアッキーLIVEでした。
秋生さんとも久しぶりのお会いすることができ、嬉しかったです。
最後の曲「I say goodbye」は私もとり肌が立つほど感動でした。やっぱりアッキーの声が好き
秋生さんのレポも感性豊かで好きです。
私のLiveメモが完成したらTBさせて頂きますね。
本当に (秋生)
2010-05-16 23:39:33
Emilyさん

こちらこそ、お会いできてうれしかったです。
最近のライブではじっくり“聴かせる”曲が多かったアッキー・・・ですが、
今回のライブは若さと情熱が弾けるような勢いで、本当にカッコよくて感動しました。
バンドとの一体感もよかったし、なにより客席のファンたちとも繋がってる感じが、とても
そんな中、ラストの「I say goodbye」は心に染み込んでくるような感動がありましたね
私なんぞのボキャ貧なレポでは、とても伝わりきりませんが・・・
Emilyさんのレポも楽しみにしていますよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
音楽が消えることのないDANCE FLOOR (前を向いて歩こう!)
『キャンディード』公開稽古の後は、約1年ぶりのアッキーのライブを観ました。 中川