日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2016-11-30 00:37:29 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎)

ダンテの「神曲 地獄」編 15(カッコ内は筆子、その5)

◯その焼け焦げもわたしがそのものを見分けるのを妨げなかつた。わたしは片手をそのものの顔の方へ下げて答へた、「あなたが、ここに、セル・ブルネット?」(ブルネットは高名な学者、「セル」はその尊称)、

すると答へた、「おお、わが息子よ、ブルネット・ラティノがそなたとともに少し後戻りして、この縦列を先に行かせても、不快に思はないでほしい。」(ブルネット・ラティノは千二百十年頃フィレンツェに出生)

わたしは言つた、「出来るかぎり、さうして下さい。あなたとともに坐れと言われれば、わたしの道連れが許ししだいさうしましせう。」

 (前回ここまで)

◯「おお、息子よ、」と霊は言つた、「この群れの中の誰にせよ、しばしでも立止まれば、それから百年も火に傷つけられ放題で、身を守るすべもなく横はるのだ。

だから先へ進んでほしい、わたしはそなたの裾に寄り添つて行こう、それからきりのない責苦を哭(な)き悲しみながら行く、わたしの仲間たちに追ひつかう。」(つづく)

 

◯本日、2016年11月27日は、第四十八主日となる。日聖協「聖書愛読こよみ」は「降誕のそなえ」という主題。聖書はローマ13章11~14節、その14節、「キリストを身にまといなさい」と。道徳的な美しい着物を着よ、とはいわない。

「キリストを着る」、信仰の衣である。

写真は、先週11月23日、中会長老(執事・委員)研修会が志免教会で開かれ出席者は43名。写真上は講師真田泉先生(東京主僕教会牧師)が「信徒説教者の可能性について」と題して話された。右司会、平山晴記長老(福岡筑紫

野)。下写真会場風景。提供者、上・秦博記長老下・富樫史朗先生(島原教会牧師)。筆子南茂は風邪欠席。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大分中央ウィークリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。