日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

プロテスタントとカトリック 

2017-09-05 23:50:27 | 大分中央ウィークリー

プロテスタントとカトリック 

五、「教会とわたしたち」(427)  近代から現代へ(宗教改革とその後)

はじめに近代への萌芽としてアウグスチヌス著「神の国」(1968.教団出版)(その67)

  最終篇に入ります。

第二十二篇 神の国の永遠の浄福に

  6.ローマロムルスを神としたが、それは彼を建国者として敬愛していたからである。教会がキリストを愛するのは、キリストをとして信ずるからである。

  ……ローマ人の怒りを引き起こすかも知れないという些少な恐れでさえも、隷属都市をしてロムルスを神として崇めさせるに十分であった。しかし、もっとも大きな恐怖、すなわち単に怒りを引き起こすだけでなく、恐るべき刑罰、いな、あらゆる恐れの中でもっとも恐ろしい死でさえも、多くの殉教者が全世界のどこででも、キリストを神として礼拝し、そう宣べ伝えることを止めさせられなかった。……

  そうであるにせよ、神の国の救いはただ信仰とともに・信仰によってのみ保たれ、いなむしろ獲得される。(前回はここまで)ひとたび信仰を失ってしまえば、なにびともこれに到達することはできない。この思いを心のうちに固く秘めて、多くの偉大な殉教者が世を去ったのである。ただひとりといえども、ロムルスが神であるという信念はこのような者を生まなかった。

7.この世がキリストを信じるに至ったのは、人間的な説得の結果ではなく、神の力の結果である。

8.この世をキリストの信仰へと獲得するためになしとげられ、世界が信ずるに至った今でもなされている奇跡について。

あるいはこう問われるかも知れない。かつて起こったと~(つづく)~(「神の国」出村彰訳)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書研究 | トップ | 牧 会 通 信  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大分中央ウィークリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。