日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2017-04-21 13:30:34 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎)   ダンテの「神曲 地獄」編 16歌(カッコ内は筆子、その10)

◯  「いつでも他のものの疑念をこのやうにたやすく晴らせるなら、」と三人は答へた、「このやうに意のままに話せるのなら、そなたは幸福だ!

  それではこの暗い場所からつつがなく出て、地上に戻り美しい星たちをまた見るならば、自分はあすこにゐたと話したい気になるとき、

  ぜひとも人人にわたしらのことを話してほしい。」それから輪を解いて逃げ去つたが、そのすばやい足は翼そつくりだつた。(前回ここまで)

◯アーメンという時間よりも早く消え失せてしまつた。それで師は立去る潮時と思つた。

わたしが師に従つて少し進むと、話してもほとんど聞こえまいほどに水音が近くなつた。 (つづく)

◯本日、4月16日の日本聖書協会の、「聖書愛読こよみ」の主題は、「復活のおとずれ」という。

聖書は、コロサイ3章1~11節である。その1節、「さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのです

から、上にあるものを求めなさい~」と。何を求まるかであるが、われわれには2節の「地上のものに心

を引かれないようにしなさい。」と。それは何か。

◯写真は、四月十三日、満開桜、二週間遅れ、大分川河口弁天大橋付近。花見のワンちゃんは犬種トイプー

ドル、名前を聞かなかったが、6歳で壮年期。ジッとしない賑やかなワンちゃん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。