日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2016-11-08 04:27:20 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎ダンテの「神曲 地獄」編 15(カッコ内は筆子、その2)

◯いまやわたしらは堅固な緑に支えられて行く、小川の水蒸気が上に蔽ひかかり、火から水と堤を守つてゐる。

 フィアミンゴ人はグイツァンテ(現在フランス領、北東地域の、カレーの近く、西端)とブルヂア(現在ベルギー領、東端)の間(約65哩)で、襲ひかかる波浪を恐れて、海が押し返されるように堤防を築き、

 またバドヴァ人はブレンタ川に沿つて、キアレンタナが熱を感じて雪解する前に(バドヴァの北の山地で、ブレンタ川の水源地、その雪解水)、自身の市(まち)と城を守るためにさうしたが、(前回ここまで)

◯それとそつくりにこの堤は造られてゐた、それほど高くも大きくもなかつたが、いかなるものせよ、造つたのは大家だつた。

すでにわたしらが後を振向いたとしても、森のあつたところが見られまいほど、森から遠ざかつてしまつてゐたとき、

わたしらは堤に沿つて来る霊たちの一群に出会つた、その一人一人が夕暮に新月の下で、人0が他人を見詰めるやうに (つづく)

◯本日、2016年11月06日は、第四十五主日となる。日聖協「聖書愛読こよみ」は「終末の審判」という主題。聖書はⅡテサロニケ2章1~12節、その12節、「真理を信じないで不義を喜んでいた者は皆、裁かれるのです。」といいう。一

般社会で道徳的に何が真理で、何が不義なのかの区切り線を明確に引くことは難しい。しかし信仰の世界での見分けは易しい。イエス・キリストが真理の基準であるから。神の御独り子イエスに反抗するものは皆不義である。つまりイエ

スを愛し、従う者は皆、真理を行う人であるということができる。

◯写真は、去る10月12日、蒲田御園教会で開催された靖国神社問題全国協議会で「戦争のできる国へー何を持ってかー」を講演する島田善次先生。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大分中央ウィークリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。