日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2017-06-19 17:42:39 | 大分中央ウィークリー

 (原 光訳 2000年、沖積舎)   ダンテの「神曲 地獄」編 17歌(カッコ内は筆子、その5)

◯先達は言つた、「あすこに横はつてゐるあの邪悪な獣まで、わたしらはいま少し曲つて行かねばならぬ。」

   それでわたしらは右側に下りて、熱砂と火の子を十分に避けるために、緑の上を十歩ほど進んだ。

   わたしらが獣のそばに着くと少し向うの熱砂の上、切り立つ崖の緑に近く坐つてゐるものたちが見えた。(前回ここまで)

◯そこで師は言つた、「この環(みち)について完全な経験を得るためには、行ってあのものたちの状態を見よ。

    話は短く切上げよ、そなたが戻るまでに、強い肩を貸してくれるやう、わたしはこの獣と話し合はう。」

    かうしてさらにわたしは第七圏(たに)のいちばん端の上を、たつた一人で悲惨なものたちが坐つてゐるところまで進んだ。(つづく)

 

◯本日、6月18日(日)の日本聖書協会の、「聖書愛読こよみ」の主題は「神の栄光の都」という。聖書は黙示録21章22~27節である。その22~23節に、「わたしは都の

中に神殿を見なかった。全能者である神、主と小羊とが都の神殿だからである。この都には、それを照らす神の栄光が都を照らしており、小羊が都の明かりだからである。」と。

また27節に、「しかし、汚れた者、忌まわしいことと偽りを行う者はだれ一人、決して都に入れない。小羊の命の書に名が書いてある者だけがれる」とは、一人ひとり、この御

言葉をどう思うか。信仰によって小羊の命の書に名を書いてもらおう。

◯写真は、長崎伝道所を伝道委員の稲葉一先生と南茂の二人が問安した。(6月14日前11時半ころ撮影)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。