日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2017-06-15 16:12:42 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎)

ダンテの「神曲 地獄」編 17歌(カッコ内は筆子、その4)

◯しばしば岸辺に引上げられて半ばは水の中、半ばは土の上にある艀(はしけ)のやうに、あの暴飲暴食のド

イツ人たちの土地で、

  戦はうと身構る海狸(いるか)のうに、この最悪の獣は熱砂を限る石の縁の上に凝(じ)つとしてゐた。

  その尾はすつかり空中にのたくり、蠍(さそり)みたいに先端の尖つた毒ある熊手を高くひねり上げてた。(前回ここまで)

◯先達は言つた、「あすこに横はつてゐるあの邪悪な獣まで、わたしらはいま少し曲つて行かねばならぬ。」

  それでわたしらは右側に下りて、熱砂と火の子を十分に避けるために、緑の上を十歩ほど進んだ。

  わたしらが獣のそばに着くと少し向うの熱砂の上、切り立つ崖の緑に近く坐つてゐるものたちが見えた。 (つづく)

 

◯本日、6月11日(日)三位一体主日の日本聖書協会の、「聖書愛読こよみ」の主題は「聖霊の実」という。聖

書はローマ8章1~11節である。その1~2節、「従って、今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定

められることはありません。キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解

放したからです。」という。ここに、「キリスト・イエスに結ばれている者はの「に結ばれている」は口語訳では「キ

リスト・イエスにある」いう、パウロ神学の基調用語、キリストとの一体形を現しわたしたちの現在の罪も、過去

の罪も、更に未来に犯すべき罪すらもキリストは引き受けることを現す。

◯写真は、八女伝道所を伝道委員の稲葉一先生と南茂の二人が問安しました。(6月7日午後1時頃撮影)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大分中央ウィークリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。