日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

牧 会 通 信

2017-07-11 23:38:58 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎)

ダンテの「神曲 地獄」編 17歌(カッコ内は筆子、その7)

◯めいめいの頸からそれぞれ異る色をし異る紋章についた、財布がぶら下がつてゐて、てんでに眼でそれを食べて生きてゐるらしいのに。

  熟視しながらそのものたちの間に入ると、黄の財布に青く獅子の顔と動作が浮き出てゐるのが見えた。

それから少し向うを見ると、バターよりも白い鵞 (がちょう) 鳥の浮き出た血の赤の財布が見えた。(前回ここまで)

◯すると青い孕(はら)み豚の紋章のついた、白い小袋をぶら下げたものがわたしに言つた、「この奈落で何をしてるんだ?

行つちまへ、お前はまだ生きているんだから、(世に伝えるために)知っとけ、わしの隣人ヴィタリアノはわしの左手の(罪が大きいために)ここに坐るんだ。(「パドヴァ」フィレンツェの北200キロの都「パドバ」)

このフィレンツェの奴等と一緒のわしはパドヴァ者だ、こいつらはしばしば絶叫してわしの耳をつんざく、最高の騎士よ来たれ、(つづく)

 

◯本日、7月9日(日)の日本聖書協会の、「聖書愛読こよみ」の主題は「実を結ぶ」という。聖書はマルコ4章10~20節、種蒔きのたとえの解説。その20節「~ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。」と。「良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり」という。実りは、まずは主の日礼拝の説教に真剣に聞くことに尽きる。

◯写真は、大会伝道局理事会の二日目7月5日夕食のひと時、西都教会の近く串八白梅町本店にて。写真の背中が伝道局理事長、田部郁彦先生。理事は八名のうちの四名である。別の四名も通路を挟んで手前隣の食卓を囲んだ。議論に疲れた体の憩いのひと時。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロテスタントとカトリック | トップ | 聖書研究 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大分中央ウィークリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。