アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「School Rumble (スクールランブル) 二学期」:#09

2006-05-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「School Rumble (スクールランブル) 二学期」:#09「パス! ドリブル! シュート!」  メシ!? 公園でメシ!? 一体、あれだけの食事用具一式を一体どこから持ってきたぁっ!  チーム戦を行う予定の美琴・嵯峨野・一条・ララ・さつきの前に現れたのは、八雲を加えた天満・播磨・東郷・今鳥のチーム。 かくして、2チームの試合が始まった! ……とまあ、ここまではお決まりのパターンなのです . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ストロベリー・パニック」:第8話

2006-05-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ストロベリー・パニック」:第8話「紫陽花」  何だか今回は「面白い」と感じた回でした。 こういうニアミス的なないような結構好きかもです(^_^) さんざん努力して行動しまくって、その結果がかなり身近にあったというオチ。 「探し物は何ですか~」みたいな(笑)  さて、今回は白檀籠女が登場。 これでようやくル・リム組も勢ぞろいしましたね。 しかし、これがまた極度の不思議ちゃん(笑) 日向絆奈・源 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(日記)「トリビア」に声優。

2006-05-31 23:59:59 | 日記
 本日放送の「トリビアの泉」の「トリビアの種」のコーナーにたくさんの男性声優さんが出ていたので、滅茶苦茶ビックリしました。 何気なく見ていたら、いきなり声優関連の「トリビアの種」が始まるんですもん。 まあ、副音声で声優さんのナレーションを流したりしているぐらいですから、その影響もあったのかもしれませんね。  登場していたのは、大竹のぶ代氏・田中真弓氏・草尾毅氏・井上和彦氏など早々たる面々。 しか . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「うたわれるもの」:第8話

2006-05-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「うたわれるもの」:第8話「調停者」  おぉ~い! アリシアとシャナがやって来たぞぉ~(笑)  国王であるインカラを倒し、一国の主となったハクオロ。 つかの間の休息、といったところでしょうか? そんなハクオロ達の元に、「調停者」を名乗る使節がトゥスクル国に到着します。 しかし、以前に出て来た「地獄」を意味する単語といい、今回出て来た「神」を意味する単語といい、どうも特殊でややこしい言葉を普通に . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「涼宮ハルヒの憂鬱」:第9話

2006-05-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「涼宮ハルヒの憂鬱」:第9話「サムデイ イン ザ レイン」  前回の予想通り、今回はアニメオリジナルのエピソードだったわけですが……いやまあ、何というか(^_^;) アニメ第1話に、あの「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」を持ってきた京都アニメーションの事だから、もっと突飛な、とんでもない内容の話になるのではないかと予想していたのですが、特別な出来事は別になく、「SOS団」の日常を普通に . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

(日記)早くも危機一髪。

2006-05-30 23:59:59 | 日記
 今日は焦った……。 何せ、実習校に向うために利用している電車が事故の影響でとても遅れていたんですから。 しょっぱなから遅刻なんて、シャレになりませんよ。 本当に焦りました。  まあ、早めに家を出ていたのが幸いして何とか昨日よりも10分ぐらい遅れただけで済みましたが。 電車を1本見送りましたが、さすがに次の電車には死ぬ気で特攻し、ギリギリ乗り込めたのが良かったのでしょうか?(笑) 何とか遅刻せず . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「Fate/stay night」:21話

2006-05-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「Fate/stay night」:21話「天地乖離す開闢の星」  突如士郎とセイバーの元に現れた黄金のサーヴァント。 士郎とセイバーがお互いを逃がそうと考えた挙句、士郎の方が先走って戦闘不能に陥るというある種のお決まりパターンまで披露してくれました(笑) しかし、どうもセイバーがこの黄金のサーヴァントを「アーチャー!」と呼ぶのには違和感がありますね。  ですが、相手が相手。 何と、黄金のサー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(アニ感)「ARIA The NATURAL」:第9話

2006-05-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ARIA The NATURAL」:第9話「その 素顔な星たちは…」  灯里はアリシア搭乗の下、お客さんを乗せる事に。 ですが、お客さんに自分の知らない事を質問されてしどろもどろ。 結局、アリシアによって助けられますが、やっぱり灯里って半人前なんですよね。 こういうちょっとした失敗のような部分がないと、ともすれば灯里たちが半人前である事を忘れてしまいそうになります。 失敗して落ち込むんじゃなく . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(アニ感)「夢使い」:第8話

2006-05-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「夢使い」:第8話「思い出は消えて」  今回も前回同様、親に振り回された子どもの話でした。 「自分さえいなければ……」と思ってしまうまでに思い詰めている小学生の女の子を見ているのは、辛いと同時に悲しいものでもありました。 子ども、特に小学生ぐらいの子どもにとって、親というものの存在はとても大きい。 だからこそ、それが悪い方向に向ってしまうと取り返しの付かない事になりかねない。 そんな部分が垣間見 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「女子高生 GIRL’S-HIGH」:第8話

2006-05-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「女子高生 GIRL’S-HIGH」:第8話「ウチらも昔は若かった。~バック・トゥ・ザ・数年前~」  冒頭で「マリみて」のパクりキターーーーー(゜∀゜)ーーーーー!! 今までさんざん「ストロベリー・パニック」で「マリみて」のパクり話をしていましたが、まさかこちらに先を越されるとは思っていなかった(笑) よもや、ここまで露骨にパクるとは……。 確かに、前黄薔薇様と現白薔薇様がいますからな。 由真が . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ひぐらしのなく頃に」:綿流し編 其ノ四

2006-05-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ひぐらしのなく頃に」:綿流し編 其ノ四「願い」  冒頭でいきなりレナに「叱られる」圭一。 何だか少し違和感がありますね。 今回の事で圭一はかなり参っているようですし、元々前原家は外部の人間なわけですから、もうちょっと対応の仕様があったように思うのですが……。  さて、警察は本格的に魅音を疑っているようです。 そんな中、圭一は魅音に祭具殿の事を謝りに行きますが、魅音は「鬼」に体を乗っ取られてい . . . 本文を読む
コメント (1)

(アニ感)「ひまわりっ!」:其の八

2006-05-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ひまわりっ!」:其の八「みんなまとめてお守りします」  今回は変装のエピソード。 他の忍者は「さすが」という感じで変装しますが、ひまわりだけは完全にコスプレ状態。 しかも、えっちらおっちら変装しています(^_^;) 変装の達人である武智先生が変装した偽ハヤトと本物のハヤトの区別まで全く付かず。 ひまわりは、変装に関しての才能はからっきしのようです(笑)  さて、今回は2つほど気になるポイント . . . 本文を読む
コメント

(日記)教育実習に伴うアニメ感想縮小のお詫び。

2006-05-28 23:59:59 | 日記
 さて、以前からさんざんこのブログでも書いてきましたが、私は明日から教育実習です。 期間は3週間。 教育実習の内容や予定などを外部に漏らす事はよろしくないので詳細は実習期間中も期間後もブログには書きませんが、当然今よりも忙しくなるのは日を見るより明らかなので、視聴アニメも減らす事になると思います。 まあ、現在視聴中のアニメは全てビデオに録画しているので、教育実習終了後に見ると思いますが、少なくとも . . . 本文を読む
コメント (1)

(ノベ感)「涼宮ハルヒの退屈」

2006-05-28 23:53:59 | ノベル(ライトノベル)感想
「涼宮ハルヒの退屈」 谷川 流  全部で4つのショートストーリーが1冊にまとめられたものです。 せっかくなので、作者さんのあとがきよろしく、エピソードごとに感想を書こうと思います。 「涼宮ハルヒの退屈」  ハルヒの思い付きによって、野球大会に参加する事になるという話。 個人的にはアニメの秀逸さを再確認する事になったという感じです。 みくるをポニーテイルにしようとしてキョンの視線に気付く時 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「西の善き魔女」:第6話

2006-05-27 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「西の善き魔女」:第6話「宮廷円舞曲」  ロウランド家に戻ってきたフィリエル・ルーン・マリエ。 ルーンは相変わらずユーシスと揉め事を起こしますが、アデイルの言い分によるとユーシスの側に問題があるとの事。 まあ、身内ですから言えるという部分もあるのでしょうけどね。 しかし、髪に引っかかったチェスの駒が落ちるシーンやチェス版をぶつけられて腫れた額をアデイルが手当てしているシーンを見る限り、どうもユー . . . 本文を読む
コメント