アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「アイドルメモリーズ」(新アニメ):第1話「栄光のティアラ」

2016-10-04 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 唐突な実写。

 2016年10月スタートの新アニメの第4作目。
一応、オリジナル作品のようですね。

【あらすじ】
アイドルを育成する、どこの国にも属さない「華音学園」。
そこに所属する「StarRing」と「Shadow」の2グループは、互いに切磋琢磨するライバル関係にあった。
彼女達の最終目的は、「ワールドアイドルリーグ」で並みいるアイドル達の頂点に立ち、「栄光のティアラ」を手にする事。
しかし、そのためには新人部門でトップ3に入らなければならず。
300以上ユニットが存在する校内のランキングでも90番台の2グループにとっては、まだまだ険しい道のり。
そんな中、レッスン中にバランスを崩した「Shadow」の星七海(ほしななみ)を庇おうと「StarRing」の林薇薇(リンヴィヴィ)が飛び出す。
結果、七海は無事だったものの、薇薇は足を負傷してしまう。
が、彼女は怪我にめげず、ステージ配信をやり遂げるのだった。

 第1話としては、ある意味でかなりインパクトのあった作品でした。
冒頭はいきなりバトルシーンからスタート。
こちらのバトルの方が本編よりも面白かったような(笑)
そして、シャワーシーンも存在という大盤振る舞いっぷり(笑)
ただ、内容的には「足の怪我なんてなかった」的なステージシーンも含め、特に見所らしい見所は感じられず。
CGの出来自体はなかなかだったと思いますが。

 そして、アニメは前半だけで終わり、後半から唐突に実写パート。
いきなり中の人がフェードインしてくるのには面喰いました(笑)
あとは、メインキャラ6人の中の人がクイズをしたり、中国語講座をやったり。
さすがに6人もいるとかしましく、中にはやけに元気な人も(笑)
アニメパートの演技や歌にはちょっと初々しさが表れていましたが、中の人の今後の活躍にも期待しましょう(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「SHOW BY ROC... | トップ | 【アニメ感想】「魔法少女育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。