アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「小林さんちのメイドラゴン」:第7話「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」

2017-03-03 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 大体の人って、大人になろうとしたんじゃなくて、子どもでいられなくなっただけ。

 海にやって来た一行。
当然水着なわけですが、ルコアは際ど過ぎて、即座に監視員に連行。
とはいえ、ドラゴンの水着は鱗であるため、自由に形を変える事が出来るようです。
まあ、そもそもの問題の半分はルコアの豊満なスタイルにあるような気が(笑)
なお、小林さんは特に海に来たいわけではなかったらしく、それは翔太も同じ様子。
ただ、トール達に付き合ったとなれば、付き合いはかなり良いですね。

 オイル塗り、スイカ割り(スイカは消滅しましたが)を経て、ついに泳ぐ事に。
トールとカンナの競泳は、小林さんが忠告し忘れた事もあり、かなりのスピードと勢いのものとなり、注意を受ける事に。
そんな中、小林さんとトールの会話は家族の事に。
小林さんは特におかしい事もなく、親元を離れ、今ではあまり連絡を取る事もないようです。
トールは小林さんを両親に紹介したいと思うようになったみたいですが、もしそんな事をすれば小林さんは殺されてしまうとの事。
親と違う価値観を抱いたトールは自立したのだと小林さんは説明しますが、なかなか難しいですね。
ちょっとシリアスで、少ししんみりしたシーンでした。

 滝谷のサークルの売り子が2人倒れてしまったらしく、小林さんとトールは手伝いでコミケに。
ファフニールも滝谷とは別に自分で作品を作り、参加しているとの事。
任されたのは小林さんが売り子で、トールが整列係。
トールは己の欲望を制御し、統率された動きをする参加者に強い興味を抱いた模様。
そんなトールですが、暑いのに相も変わらずメイド服を着用していたため、コスプレと間違われる事に。
そして、実在の呪いの本を売っていたファフニールですが、全く売れておらず、哀れなほど真っ白に……。

 小林さんとの休憩中、トールはコスプレの参加者の中に本物の魔物が紛れ込んでいる事に気付きます。
彼らは普段は人間に変身しているようですが、こういう場面で本来の姿に戻り、気分をリフレッシュしている様子。
そして、あちらの世界ではドラゴンは相当に悪名高い模様(笑)
そんな経緯を受け、本来の姿をもう少し出したくなったトールは、小林さんの許可を得て、翼と尻尾を解放。
カメラマンに大人気で、結局そのままコミケ終了まで捕まってしまったようで、もうコミケはこりごりなんだとか(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「AKIBA'S TRI... | トップ | 【アニメ感想】「テイルズ オ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。