アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「スクールガールストライカーズ Animation Channel」:第11話「戦慄! 大雪山に未確認生物を見た」

2017-03-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 宇宙警部ヒバン。

 突如、ティエラ先生から非番を言い渡された「アルタイル・トルテ」。
彼女達は雪の中の温泉旅館へ。
サトカ、悠水、まなはUMA探しに熱を上げ、椿芽と伊緒は2人だけでスキーへ。
しかし、悠水達は本当に巨大な足跡を見付けてしまい……。

 温泉に入りながら、見付けた巨大な足跡について動揺を露にする悠水達。
すると、「ビスケット・シリウス」の面々が会話に入り込んで来ます。
彼女達の一員、蒼井幸枝はUMAのような話に詳しく、二穂はイエティを探していると明かします。
このスキー場は二穂が経営を任されているとの事で、すでにスキー場の名物としてイエティグッズの制作を始めてしまったのだとか。
光や湯気の代わりに二穂の体をガードするとは、灰島姉妹のさすがの忠誠心(笑)

 食事など、旅館を満喫した椿芽達は翌日、今度は5人でイエティ探しへ。
謎の影を見かけ、追いかける一同でしたが、空腹で行き倒れ寸前の降神三姉妹なのでした。
普段の制服姿の彼女達は、イエティにかけられた賞金が目当て。
すると、巨大な足型を見付けて捜索を進めると洞窟でクマに遭遇し、逃げている内に遭難したのだとか。

 「ビスケット・シリウス」の面々が現れ、話を聞くと洞窟へ向かうと言い出します。
「アルタイル・トルテ」の5人は同行するものの、三姉妹はその軽装故、二穂から山を下りるよう強く言い渡されます。
二穂達は、少し前まで敵だった降神三姉妹の事をまだ信じていないと告白。
正直に打ち明けるあたり、悪意はないみたいですね。

 洞窟の中で発見したのはイエティではなくオブリ。
現実世界にオブリが出現するのはこれまでに例がなく、追いかけるとそのまま消えてしまいます。
その辺りにあったクリスタルのようなものが、ステラプリズムかそれに似たような物質であり、オブリはそれで転移して来たのだとか。
「ビスケット・シリウス」はメンテで使えないため、「アルタイル・トルテ」だけで対処に当たる事に。
さらに他の個体のオブリが現れますが、降神三姉妹が駆け付け、彼女達の協力もあって事態は収拾。
しかし、帰る途中の降神三姉妹の前にモルガナが現れ……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「小林さんち... | トップ | 【アニメ感想&総評】「Rewri... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。