アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ総評】「マクロスΔ」総評。

2016-10-04 23:59:56 | アニメ感想(総評)
 「マクロスΔ」の総評です。
一部、「マクロスF」との比較になります。
まずは評価の確認から。

【シナリオ】3点
【キャラクター】4点
【演出】3点
【音楽】4点
【声優】4点
【作画】4点
【独自性】4点
【主観的面白さ】3点
【合計】29点
   ↓
【総合評価】B(やや良い)

 クオリティ面は上々。
特に、歌に関しては曲数が非常に多く、力が入れられていました。
作画面、声優面も良かったです。

 ただ、いくつかほったらかしにして終わった点があるのは気になりました。
例えば、ハヤテの父親であるライトの事を物語上に引き出す役目を果たしたロバート。
しかし、ライトの真実が発覚した後も全く登場せず。
カナメがアラドに好意を抱いている点についても放置。
この作品の重要なポイントであるウィンダミアとの戦いについてもほったらかし。
仮に劇場版があるとしてもTVアニメ版とは異なる内容になるでしょうし、今作は今作の中で締め括って欲しかったです。

 あとは、三角関係をはじめとした人間模様でしょうか。
主人公のハヤテに加え、「ワルキューレ」とウィンダミア。
主な視点が3つあったため、その分ハヤテ達の恋愛模様が割を食っている気がしました。
「マクロスF」ではシェリルとランカの2人のヒロインが存在感を放っていましたが、今作ではミラージュがヒロインと呼べるのか怪しい。
そもそも、どうあがいてもミラージュが勝てるビジョンが見えず、三角関係があまり盛り上がっていなかったように思えます。
もうちょっと視聴者をドギマギさせてもらいたかったですね。

 そんな感じでしょうか。
クオリティの高さに反して、シナリオ面も三角関係面もどこか物足りない印象が多かった作品でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「WWW.WORKING... | トップ | 【アニメ感想】「終末のイゼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。