アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「もっけ」:第2話

2007-10-15 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「もっけ」:第2話「ナガレイズナ」

 瑞生は神社でまたしても怪しげな存在に取り憑かれてしまいます。
その自分を「神様」と名乗る妖怪は瑞生の目には見えないものの、色々と自分をフォローしてくれるそいつに対し、次第に瑞生も友達と呼ぶまでに心を許していきます。
「見鬼」の力を持っており、妖怪に知識のある静流によると、その妖怪は「ナガレイズナ」というらしく、神様ではなかったのですが、瑞生はうすうす勘付いていたようです。
意外に瑞生は感がいいんですね(笑)

 瑞生は色々とナガレイズナが助けてくれるため、自分が主導権を握って小学校でのグループ課題をリードしています。
でも、何だか瑞生が1人で独断専行しているような雰囲気。
そして、瑞生が「みんなのためにやってるんじゃん!」と言った事をきっかけに関係崩壊。
そんな言い方をしたら駄目ですよ。
心の中でそう思っていても、表に出してしまえば親切心の押し売りにしかなりませんからね。

 グループメンバーとケンカをしてしまった事をきっかけに瑞生はナガレイズナに「友達じゃない!」と言ってしまいます。
それと同時に、三毛さんと遭遇。
ナガレイズナは猫を苦手としているため、世話になった例を言いつつ瑞生の元から去っていってしまいます。

 前回を見た時は微妙でしたが、今回はなかなか良かったんじゃなかったでしょうか?
最後にナガレイズナが去ってしまい、戻ってこなかったのが逆に良かった。
中尾隆聖氏の演技もハマってましたし。
こういう動物系の役は中尾隆聖氏の十八番ですな(笑)
最初にナガレイズナの声を聞いた時、妙に納得してしまいました(^_^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (アニ感)「ご愁傷さま二ノ... | トップ | (アニメ)2007年10月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
もっけ 2007/10/15~10/21 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品)
もっけについての最近の情報です。