アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」:TRIP12「電マがバラバラじゃねーか!」

2017-03-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 うどんこ病。

 「秋葉原禁止法」を制定したあの女性大臣ですが、裏で黒幕と思しき女性と繋がっており、多額の資金援助を受けていた模様。
オタクはネットで人を叩くくせに、自分達が叩かれると反発するという趣旨の言葉には納得してしまった(笑)
彼女はお金が大好きな様子でしたが、黒幕の方は抜かりなく、大臣が金を受け取る場面を隠し撮りさせていました。
そして、あのまとめと瓜二つの少女も、その黒幕の傘下でした。

 意識を取り戻したタモツは、髪の色は元に戻り、バグリモノとしての力を失っていました。
つまりは、ただの人間に戻っていたという事。
まとめはそんな彼を心配しているのか、やけにたくさん食べさせようとします。
その一方で、「アキバ禁止法」にいきり立つタモツに対し、冷たく戦力外通告をする一幕も。
ある意味、まとめにとってのタモツとの繋がりが失われてしまった事になりますね。

 まとめに対してタモツが怒りを見せる中、謎の黒服の男性達が多数登場。
彼女達は有紗に頭を下げ、「戻って来てください」と懇願。
有紗はアメリカの大財閥の会長、ゴールドリッチ・ダイヤモンド13世と知り合いで、何だかんだあってその秘書にまで登り詰めた事があったのだとか。
その会長は病気で後はなく、後継者争いで会社内はゴタゴタしているらしく、会長が後継者に推している彼女が必要との事。
有紗も無碍に出来ず、タモツ達との別れを惜しみつつ、旅立って行きます。

 すっかり人がいなくなって閑散としたアキバを歩くタモツ達ですが、まとめの彼に対する態度はやはり厳しく。
まとめが行ってしまった後、自警団の連中が現れ、「秋葉原禁止法」に反対する者達が集っている事、政府側との意見交換会が行われる事を説明。
タモツも誘われますが、彼はすっかり気落ちしてしまい、応じないどころか自室に引き篭もるように。
そんな一方でも禁止法反対勢力は活動を続けますが、成果が上がらないどころか逆に踏み込まれ、大半が捕まってしまいます。

 一方、まとめは瓜二つの少女と対峙。
その少女はまとめの妹であり、アキバを支配する一族である祖母を裏切った彼女を強く糾弾。
追い詰められるまとめですが、テレビで2人が戦っているのを見たタモツが駆け付け、相手を跳ね飛ばし、まとめに対しても強引にキス。
かくして再度バグリモノと化したタモツは以前よりさらにパワーアップしており、相手を一蹴。
しかし、トドメを刺したのは早くも帰国した有紗という(笑)
タモツの裸にひん剥かれた上、ボコボコにされてしまった妹ちゃんですが、どうやら記憶を失ってしまったっぽい?

 今回のエンディングはいつぞやと同じ「サンキトウセン!」。
毎回違うエンディング曲かと思いきや、ここに来て以前と同じ曲とは(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「遊☆戯☆王ARC... | トップ | 【アニメ感想】「うらら迷路... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。