アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」:TRIP8「秋葉原大武闘会」

2017-03-03 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 スイートなミュージック。

 米が届いたものの、アジトに炊飯器がなかったため買いにやって来たタモツ達。
すると、重なった多くのダンボールを頭の上に乗せ、女性と一緒に歩く男性を発見。
有紗は見るなり「師匠」と叫びますが、彼はこちらをチラッと見ただけで特に反応を示さず去ってしまいます。
有紗は日本に来る前に世界を回って色々な事をしていたとの事ですが、師匠との出会いもその1つ。
1年ほどの間だったものの、有紗はそこで師匠に指導を受けた様子。
有紗がやけに強かった理由がこれで判明しましたね(笑)

 電気量販店の炊飯器は生憎全て売り切れ。
それもこれも、全てあの師匠と連れの女性が買い占めていたためでした。
女性の正体は謎の敏腕プロモーター、出井馬リサ・マクマホワイトであり、師匠をプロデュースしているのだとか。
その目的はアキバの支配でしたが、炊飯器を転売する事でそれを達成しようとはスケールが大きいのか小さいのか(笑)
師匠は有紗の言葉に耳を貸さず、容赦なく攻撃してきますが、店員が制止。
それを受け、リサは改めて決闘の場所を用意してやると言い放ちます。

 多数の観客が見守る中、特設リンクでシ・ショウと有紗。
シ・ショウの姿と登場の仕方が完全に悪訳(笑)
ノールールの中、セコンドであるリサの容赦ないパイプ椅子攻撃。
卑怯なやり方を拒否するシ・ショウでしたが、リサは彼の家族を人質に取っており、攻撃を強要。
それでも有紗は一方的にやられる事はなく、隙を見て反撃。
しかし、今度はまとめとにわかが人質に取られてしまい……。
非戦闘員のにわかはともかく、油断していたとはいえまとめはそんな様でいいのか(笑)

 抵抗出来ずにシ・ショウから一方的に殴られる有紗。
が、タモツが突貫してまとめとにわかを救出。
シ・ショウも卑怯なやり方を強要するリサに反旗を翻します。
晴れて正々堂々と激突する2人ですが、リサの金的がシ・ショウを直撃し、その隙に有紗が彼を浄化と同時に撃破。
野望の潰えたリサがシ・ショウを打ち負かした有紗に襲い掛かりますが、彼女はタモツとの連携で見事彼女を打ち倒します。
リサに関しては彼女の因果応報ですが、シ・ショウの倒し方はそれでいいのか(笑)

 今回のエンディングはミルキィ・ホームズ。
まさかこんなところでミルキィ・ホームズとは(笑)
しかも、歌も何かちょっとカッコいいし(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「けものフレ... | トップ | 【アニメ感想】「小林さんち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。