アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想&総評】「レガリア The Three Sacred Stars」:第13話(最終回)「奪還」

2016-11-30 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 光の力。

 ヨハンに追い詰められるユイとレナ。
圧倒的なパワーに歯が立たず……。

 敗北したユイとレナは、もう1人のレナ、ルクスによって門の向こうに誘われそうに。
レナが言うには、どうやらレガリアはこの門を通る事で消えていくようです。
ただ、やはりユイは諦め切れず。
ルクスの理解も得て、3人で生還を果たします。

 ユイとレナがルクスの協力まで手に入れている事を知り、逆上するヨハン。
サラやティア、イングリッドやケイもユイとレナに力を貸します。
光輝き、3機のレガリアが合体。
(ルクスを含めて)7人乗りVS1人とか、仲間の数を強調するような感じですね。

 敗れたヨハンはトドメを刺すように告げますが、ルクスが彼の元へ。
彼女はユイからもらった指輪をヨハンにかけ、ヨハンは自分の創造主がユイのような人間だったら良かったのにと告げつつ、共に光の中へ。
死んだという感じではなかったですし、どこか別の世界にでも旅立ったのでしょう。
かくして、全ての戦いに決着を着けたユイ達は、自分達の帰るべき国へ帰還するのでした。

 時期としては中途半端ですが、最終回だったので総評です。
一応、今期のアニメの総評、第1弾という事になりますか。

【シナリオ】3点
【キャラクター】3点
【演出】3点
【音楽】3点
【声優】4点
【作画】4点
【独自性】4点
【主観的面白さ】3点
【合計】27点
   ↓
【総合評価】C(普通)

 美少女×ロボという要素に加え、皇女様という組み合わせはなかなか個性的でした。
キャラクターもロボも、個性やデザインはそこそこといった印象。
クオリティも、一度は放送を途中で中断した割と良かったと思います。

 ただ、ちょっと描写不足だったように思われる箇所も散見されました。
例えば、ユイが皇女という設定ですが、終盤は大統領達や国民との触れ合いが少なく。
一応、ユイが戦う動機になっていたり、存在を忘れされられるというトラウマ的な役割は果たしていました。
ただ、ラストでユイ達がレツを始めとして国民達に温かく迎えられるとか、戦いで絶望的な状況の中、国民達の声が届くとか、もっと強調しても良かったように思います。
他にも、ノアや決戦場である衛星のような場所の登場もあまりに唐突で、ぽっと出の印象が拭い去れず。
もうちょっと上手い描写の仕方があったんじゃないかなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「フリップフ... | トップ | 【アニメ感想】「遊☆戯☆王ARC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。