アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「ナゾトキネ」(新アニメ):Q1.「解いてから考える!」

2016-10-11 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 異次元豚。

 2016年秋の新アニメの第26作目。
どうやらオリジナルアニメのようですね。

【あらすじ】
とある広告代理店で秘書をする22歳の網野解音(あみのときね)。
彼女には山墨芳英(やまずみよしえ)と水上郷華(みなかみきょうか)という仲良しの同期がいた。
解音はその見た目に反し、アニメオタ&特撮オタ。
その日、会社には大好きな劇場版アニメ作品の監督と社長が訪れる事もあり、興奮気味。
準備を整えて部屋を出ようとすると、突如周囲は不思議な空間に。
目の前に現れたハッチンという謎のキャラに、意外に冷静にかつ辛辣に接する解音。
ハッチンによると、その次元は「クイズン」といい、謎解きに成功しないと出られないのだとか。
かくして、ハッチンに「真の解く力」を与えられて変身した解音は謎解きに挑む事になる。

 1話としてはちょっと微妙なところ。
趣旨はともかく、本編で肝心の謎解きを行わなかったため、何とも言えないのが正直な感想です。
一応、エンディングでは謎解き要素がありましたけどね(笑)

 それから、何故か変身するという謎解きとは関係なさそうな展開が(笑)
魔法少女モノとかにありそうな変身シーンでしたが、22歳の変身というのはさすがにちょっと恥ずかしい(笑)
そういえば、本人のモノローグによる自己紹介で、解音は自身を「女の子」と言っていましたね。
22歳で社会人という事であれば大人である事を求められるので、「女の子」という言い方は違和感があります。
女の子ではないはずの自称「女の子」である、22歳の解音の変身。
この引っかかる“ズレ”は意図的なものなのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「競女!!!!!!!... | トップ | 【アニメ感想】「魔法少女育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。