アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「レガリア The Three Sacred Stars」:第9話「継承」

2016-10-31 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 ほんの出来心。

 エナストリアに戻って来たユイ達。
ようやくアーベルの弔いが行われます。
イングリッドとケイはユイの預りになり、彼女の家へ。
女王なのに質素な家でイングリッド達はビックリ。
レナが服を用意してくれますが、イングリッドはもっと落ち着いた服を所望。
ケイはもっと自分に正直になるよう注意しますが……。

 心境の変化があったのか、レナが用意した服を着て鏡の前で立つイングリッド。
実は本心ではこういうのも満更ではないようで、笑顔で回ってみたりする姿は可愛い(笑)
もちろん、その姿はユイ達が見ており、イングは慌てて言い訳する事に(笑)
その後、ユイはレツとサラ&ティアも呼び、賑やかな夕食会が催されます。

 第4話でユイとレナが仲直りしたあの階段は、イングリッドにとって思い出の場所だった模様。
そこでユイは、母親の話をイングリッドから聞く事に。
かつてユイがまだ赤ん坊に近かった頃、ユイの母親の即位式が行われた時、イングリッドはリムガルドの代表として来訪。
が、当時の彼女は自身の立場に対して反感のようなものがあり、即位式を抜け出してこの階段に。
ユイの母親はなかなか奔放なところのある人で、イングリッドを追いかけて主役である彼女まで即位式を放り出して来ます。
ユイの母親は王なんていらないと考えていたようですが、みんなの好きという気持ちの目印になる人がいていいと思っていた様子。

 イングリッドが明かしたところによると、彼女とアーベルはユイとレナを契約させるために活動して来た模様。
ケイを助けるには3機の共鳴が必要だったものの、そのためには3機のレガリア全てに契約者がいる必要が。
しかし、ヨハンにレナの所在が見付かってしまったため、ユイとレナが契約するように仕向けたようです。
イングリッドはユイを抱き締め、彼女の労を労います。
こういう風に褒めてくれる人はユイにはもういないでしょうし、きっと心が報われた事でしょう。

 やはり生きていたヨハンが登場。
今回は複数で現れ、3機のレガリアを召喚します。
当然、サラ達も自身の機体を召喚して対抗しようとしますが、ユイは心身ともにボロボロであり、倒れてしまう事に。
そのまま、レナ達は機体ごと空に空いた謎の空間に吸い込まれてしまい。
その後、ユイは自室のベッドの上で目を覚ましますが、何だか不穏な空気が……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「ストライク... | トップ | 【アニメ感想】『TRICKSTER ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。