アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ドライ!!」:第10話「姫の元へ」

2016-09-09 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 トップレス衣装。

 美遊と世界、その双方を救うと宣言したイリヤ。
その言葉を受け、美遊もようやく腹を括り、ダリウスに歯向かう姿勢を見せます。
クロは笑いながらも好意的でしたが、やはりアンジェリカには理解されず。
そこにギルとバゼットが乱入し、凛とルヴィアを正気に戻す事に成功。
事態を把握出来ずに混乱する凛とルヴィアを余所に、クロがけん制している間にギルは姿を消します。
クロの狙いは塔であり、塔が破壊された後、ルビーで変身したイリヤはようやく美遊と再会を果たす事に。

 当然、ダリウスがイリヤに牙を剥きます。
イリヤも対抗しますが、やはり攻撃は通らず……と思いきや、彼女の狙いはルールブレイカーを撃ち込む事。
すると、ダリウスは突如苦しみ出し……。
そこにベアトリスも駆け付け、ようやく役者が揃ったという感じですね。
美遊も1話ぶりとなるサファイアでの変身を行い、イリヤと改めて涙の再会を果たします。

 美遊はエリカに対し、断腸の思いで「友達じゃない」と決別の宣告。
エリカも可哀想ではあるのですが、仕方ないですね。
その一方、姿を消したギルは捕らわれた美遊の兄の元に向かっており……。

 ルールブレイカーを受けたダリウスの表層が崩れ落ち、中からは別人の少年が姿を現します。
言動も全くの別人。
美遊曰く、ダリウスはすでに死亡しており、その少年は彼の息子、ジュリアンなんだとか。
ベアトリスが変態的な感じで熱を上げていたのが、このジュリアンですね。

 ジュリアンが隠していたものの、邸宅の上空には超巨大な黒い立方体が浮かんでいました。
美遊から決別されて傷心のエリカですが、ジュリアンの言葉を受けて彼を信じると決め、立方体からこぼれる泥のようなものに飲まれていきます。
すると、泥の中から数え切れないほどの兵士が出現。
その1つ1つが英霊であり、イリヤ達は単体相手でも苦戦するほど。
絶望的な状況に、思わずジュリアンの甘言を受け入れてその手を取ろうとする美遊を、イリヤが制止。
その時、満を持して美遊の兄、衛宮士郎が現れます。
さすがオリジナルの主人公という事もあり、とてもカッコ良い登場でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【コミック感想】「Aチャンネ... | トップ | 【アニメ感想】「クロムクロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。