アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「SHOW BY ROCK!!#」:track-11「My Resolution」

2016-12-20 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 闇こそが力。

 現れたグレイトフルキングに感激するクロウ。
そして、「トライクロニカ」の面々も来訪します。
そこでグレイトフルキングが告げたのは、ヴィクトリアスに対抗するための新曲をみんなで作るというものでした。
ユニットの垣根を超えた曲というわけですね。

 ヴィクトリアスは惑星オルディニスの出身。
その惑星は法律を遵守し、幼い頃から英才教育を施され、能力が劣っているものはふるいにかけられる弱肉強食の世界。
愛と正義で満ち溢れる世界を理想とする幼い頃のヴィクトリアスには、アストリアルという唯一無二の親友がいました。
しかし、試験の際、崖登りで窮地に陥ったアストリアルをヴィクトリアスを助けますが、逆にヴィクトリアスが落下しそうになった時はアストリアルは助けてくれず。
絶望したヴィクトリアスは闇の力に目覚めたのでした。
ミュージカルっぽい感じでなかなか印象的で面白い雰囲気でしたね。

 それ以降、ひたすら力を求め続けたヴィクトリアスは全てのエネルギーを欲し、音楽エネルギーに満ち溢れたサウンドプラネットに目を付ける事に。
戯れとして自ら「ARCAREAFACT」のマネージャーとして潜入したのでした。

 合作で曲を作る事になった4つのユニット。
チュチュやレトリーが不安を見せる中、それを裏切るように割と順調に曲作りは進行した模様。
一方、何かを持ち帰ろうとする「徒然なる操り霧幻庵」を、「ガウガストライクス」の面々が助太刀。
喜ぶダル太夫の顔が、普段とは打って変わって少女のように可愛らしかったですね(笑)
ですが、今期から登場した「ARCAREAFACT」や「BUD VIRGIN LOGIC」は影も形もなかったのがちょっと残念。
そういえば、「忍迅雷音」の面々も音沙汰ないですね……。

 惑星ピュルの国王と王妃が中継で醜態をさらしてモアのストレスがマッハの中、アンゼリカの注意事項を経て、いよいよフェスがスタート。
いきなりヴィクトリアスが姿を現します。
彼女の力によって植物の蔦のようなものが這い回り、扉も閉じられて観客も会場に閉じ込められてしまい。
歌で対抗しようとするシアン達ですが、彼女達もヴィクトリアスの力で動きを封じられ、楽器を弾く事が出来ずに音楽を奏でられず。
絶体絶命の謎の輝きが発生し、メイプルが巨大メカに搭乗。
如何にもすぐやられそうな臭いが(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「Occultic;Ni... | トップ | 【ポケモン】「ポケモンSM」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。